五行の相性・・1番悪い相性は?

ネットで「五行 相性」と検索すると
多くの情報が出てきますが、

相性といっても、夫婦や恋人同士、
そして親子、上司、部下など、
立場が変われば吉凶もかわります。

また、悪い相性だったとしても、
自分の五行が強すぎる場合は、
それを抑える役割になり、
荒療治的?な相性の良さもあります。

そういう事なので、
一口に「良い・悪い」とは言えないのですが、、、

その中で今回は、
夫婦や恋人など男女の相性から、

一番悪い相性についてお話したいと思います。

五行の相生と相剋

さて、まず五行には、図のように

「木→火→土→金→水」と、
順に生じる相生-そうせい-

「木→土・火→金・土→水・金→木・水→火」と、
相手を制する相剋-そうこく-

あわせて「生剋-せいこく-」という働きがあります。

詳しくいうと、生・剋・制・幇・化など、
それぞれ意味合いが違ってきますが、
それはまた別の機会として・・

相性が悪いのは剋の相手

例えば、
我が身が「木」の人は
我が身が「金」の人が剋の相手です。

我が身の五行はコチラ↓からどうぞ

生年月日から自分の五行を出す

・「」にとっては「」の人
・「」にとっては「」の人
・「」にとっては「」の人
・「」にとっては「」の人

これが相性の悪い相手ですが、
どう相性が悪いのかと言うと・・

「木」にとって「金」とは

キーワードは「窮屈」です。

本来は伸び伸びと育つはずの木が、
小さな植木鉢に入れられているように、
型にはめられ、締め付けられる相性です。

これでは十分に根を伸ばすことも出来ず、
木のもつ「伸びやかさ」や「成長」が阻まれます。

「火」にとって「水」とは

キーワードは「ふり出し」です。

先のことを考えて、火をおこし準備しているのに、
いきなり「家事だ~!」と、
バケツで水をかけられる様な・・

火の「道理」や「秩序」といった部分が
消されてしまう相性です。
「火」はただ混乱します。

「土」にとって「木」とは

キーワードは「侵食」です。

土の「安定」が、「感情的」な木に
侵食されていきます。

心に土足で入ってこられたり、
プライベートに干渉されるなど、
何かと「精神的」に追い込まれます。

「金」にとって「火」とは

キーワードは「萎える」です。

火の理屈やひつこさ、口撃が、
金の冷静さを溶かしてしまいます。

まるで鉄が火に溶かされ、
ドロドロになるように、
やる気も元気も萎えてしまいます。

「水」にとって「土」とは

キーワードは「不自由」です。

自由に流れる水が、まるで土のうを積まれ
堰き止められているようです。

水の自由さや柔軟さが阻まれて、
ひどい場合は、井戸の底の水のように
八方塞がりとなります。

相性が悪いのは女性が剋す場合

上記のように、
剋してくる相手が、相性の悪い相手ですが、

男性が女性を剋す場合は、
それほど悪い相性ではありません。

女性が男性を剋す場合が凶なのです↓

五行の相性とは、自然の法則です。
感情に振り回されたり、
情報で頭がいっぱいになったりせず、

良い相性の人と、自然に結ばれたいですね😊

コチラもあわせてお読み下さい
天地陰陽と男女の関係


⇒【五行象®開運カウンセラー1day講座】
⇒【全記事の一覧】はコチラから
-------------------------------------
【五行象 占いサロン】
  by祐気堂-ゆうきどう-
占い相談のご予約や
アクセス、五行象について・・
⇒詳しくはサイトで
-------------------------------------

コメントを残す

*