ごあいさつ-占いを始めたきっかけ・・想いを綴りました

初めまして

数あるサイトの中からお越し下さり
誠にありがとうございます。

「おかげさまで、丸10年」
祐気堂はこれまで10年間
奈良にて占い相談をしておりましたが、
この度、大阪に
「五行象®占いサロン」を
オープンしました。これまでご相談を受けた方は
1万人ぐらいでしょうか・・
ご家族などを含めると
もっと多いかと思います。

物事には必ず大きな道筋があり、
決してごまかすことは出来ません。
今では少しお話を聞くだけで、
スーッとその道筋がみえ

どこを間違ったのか、
どこで迷ったのか、
まるで迷路の中を、
空から案内するかのように見えます。

逆に見えすぎて
夫婦喧嘩になることもありますが・・
あまり先走るのも、
良くありませんね😓

 
そんな私が占いを学び始めたのは、
漢方薬局での勤務がきっかけでした。

体についての相談を受けていれば、
自然とその人の性格や
生き方までもが見えてくるものです。

「こーゆー人はこーゆー病気になる」
これは東洋医学に携わる人なら、
たぶん誰でもわかることでしょう。

中国最古の医学書
『黄帝内経-こうていだいけい-』は、
「易経-えききょう-」を心身の養生や
生き方へと応用させたものです。

たまたま患った病気や怪我も、
その裏には何か決まった
大きな道筋がある・・・

どんなに医学が進んでも、
決して変える事のできない
“根本的な原因”のを感じました。

人はそれを
「運命」と呼ぶのかもしれません。

こうして東洋医学をきっかけに
易経を学んでいく中で、
「陰と陽」そして「五行」に表された
天地の法則
を知り、

そして、そこに生きる私たちの
心と体にも天地のリズム
息づいていることを知りました。

≪天人合一・・・
天である大宇宙の理を知れば、
小宇宙である人の道が見えてきます≫

占いといえば
「当たるも八卦 当たらぬも八卦」
と言われたりしますが、

本当の占いとは、
そんな当て物ではありません。

東洋思想では私たちの心と体を
「小天地」と呼んでいます。
私たちの心と体は自然そのもの

太陽が沈んではまた昇るように
冬を越せばまた春がくるように

私たちの人生だって、
変わらない運命の中にもまた、
巡りくる幸せの法則があるのです。

いたずらに運命を嘆いたり、
人生を悲観したりすることなく
生まれ持った
“五行象-ごぎょうしょう-”という
心と体の地図を
眺めてみてはいかがでしょうか🙂

ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さいね。

メール

ラインでのお問い合わせもどうぞお気軽に


※アドレスに誤りがあると返信が出来ませんので、
再度お確かめ下さい。