五行別-2022年の凶作用「人・もの・お金」を失いやすい?

先日「金の人」について
今年の注意点をお書きしましたが

⇒「金の人は心身の消耗にご注意」

「木・火・土・水」についても
質問が多かったので
まとめてお話したいと思います。

毎年めぐる年運の作用には
もちろん吉凶がありますが

吉作用は問題ではないので
今回は凶作用について
注意点を書きました。

立春から4ヶ月が過ぎた今
「なんかうまくいかない・・」
「なんだかしんどい・・」

そんな方は
ぜひ参考になさって下さい。

我が身が「水の人」

我が身が「水の人」
「人・もの・お金」を
失いやすい時期です。

「水」が巡る今年は
我が身が強まり財気を剋します。

損得より気持ちが勝ったり
我慢しきれず行動してしまうなど

財気の働きである
「人・もの・お金」より
自分の気持ちが勝るのです。

欲しい気持ちが勝って
無理なローンを組んだり

嫌な気持ちが勝って
辞めてしまったり

先の計画を立てずに
気持ちだけで始めてしまったり

生活のことを考えずに
勢いで離婚してしまったり

想いや気持ちが強まって
人を責めてしまったり

・・・などなど

結果、
「人・もの・お金」を
失いやすい時期なのです。

基本この時期は
大きなお金が動くことや
人間関係など

積極的に「動かない・判断しない」
それが大切です。

我が身が「木の人」

我が身が「木の人」
内向きの相気が巡る時期で
「籠もる」時期です。

「人・もの・お金」を表す
財気とは相反する働き
隠居の象でもあります。

人付き合いが煩わしくなったり
社会から隔たりができたり
実際に引きこもる場合もあります。

他にも
夜更かしなど生活習慣や
食生活などが乱れやすい時期で

お金、仕事、恋愛
そのほか様々な社会生活

やる気がなくなったり
嫌気がさしたり

「リア充」ではなくなる時期です。

この時期は「どうせ籠もるなら」と
なにかを学んだり
趣味に没頭するなど

内面を磨くことが大切です。

我が身が「火の人」

我が身が「火の人」は
剋気が巡る時期で

何かしら
「我が身がままならない」時期です。

剋気とは自分に対する「制」
制止や制限、制約などなど
思うようには動けません。

特にもともと積極的で
アクティブに動くタイプの人は
よりしんどく感じるかもしれません。

ですがこの時期は
無理に抗ったりせず

動けないなら動けないなりに
出来ないなら出来ないなりに

置かれた環境や立場を
受け入れることが大切です。

我が身が「土の人」

我が身が「土の人」は
財気が巡る時期で

「人・もの・お金」に
振り回されやすい時期です。

または
生活のためやお金のために
バタバタと忙しい時期です。

「荷物が多い」とも例えられ
1人で抱え込んでしまって

手が回らなくなったり
最悪落としてしまったり

「人・もの・お金」との
トラブルが起きやすい時期でもあるので

「手に余る」「身に余る」
それらをよく考えて
取捨選択することが大切です。

※年運の吉凶は
「我が身の強弱」が大きく影響します。


ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さい

※メールのエラーが大変多く
当方からの返信メールが届かない場合があります。

翌日になっても返信がない場合は
LINEにて再度ご連絡ください。


メール

ラインでのお問い合わせも
どうぞお気軽に




⇒【全記事の一覧】はコチラから

コメントを残す

*