2024年は「甲辰」の年-五行別のどんな年?注意点など

自分の五行を出してみる。
我が身の五行を出す
2020年まで出せるようになりました。

我が身が「木」の人は

気持ちや想いが強まる年

今まで流せていたことが
流されなくなったり

許せていたことが
許せなくなったり

抑えていたものが
抑えられなくなったり…

何においても
自分の気持ちや考えが優先されるので
「人・もの・お金」を失いやすい時期です。

お金や生活、人間関係に関わることは
大きな決断をしない方がいいでしょう。

ただ、これまで「荷物」が多くて
いっぱいいっぱいになってた人は

悪い縁が切れたり
抱えていたものが楽になるなど

うまく取捨選択できる時期でもあります。

その決断は
自分の気持ちの問題なのか?

客観的に考えることです。

人の意見を聞くのも大切ですね


・「水」と「金」の人は外に向く時期

 我が身が「水」の人は「漏気」が巡る時期

 我が身が「金」の人は「財気」が巡る時期

・「土」と「火」の人は内に向く時期

 我が身が「土」の人は「剋気」が巡る時期

 我が身が「火」の人は「相気」が巡る時期


我が身が「火」の人は

自分を見つめ直す年

火の人は2022.2023年と「剋気」が巡り
なにかと「ままならない」年だったと思います。

さて、2024年~はその「剋気」も終わり
「内にこもる」時期になります。

これまでバタバタと忙しかった人は
それも収まり自分の時間が取れたり
趣味や学びなど自分の身を肥やす
そんな時期になるでしょう。

ただ、
進まないといけない・始めないといけない
そんな人は足止めになる時期
なかなか動けない事が起きます。

基本は「剋気」と「相気」の時期は
内向きに巡る時期ですので

動く・動かす・進む・・・などなど
アクティブにはいかない時期です。

我が身から始まり
漏気→財気→剋気と巡ってきて
相気の時期は10年の総決算。

これまでを振り返ったり
今後の事を考えたりと
内面の充実を図ってくださいね。


我が身が「土」の人は

ままならない年

上述の「相気」と同様
自分から働きかけることは難しい時期です。

この時期は自分に「制」がかかっているので
今置かれている環境や立場の中で
目の前のことをコツコツこなす。
それが一番です。

「ままならない」といっても
「悪い時期」とは言っていません。

出世運や家庭運、
女性にとっては夫運なので

我を通そうとすれば「悪い時期」
受け入れるようにすれば「成長の時期」

特に我が身が「陰の己」の人は
悪あがきをせず今するべき事を
コツコツとこなす様にして下さい。


我が身が「金」の人は

人・もの・お金との関係が強まる年

例えばご商売をしてる方などは
お客さんが増えたり売り上げが増えたり

「稼ぐ・売れる・流行る」などが
期待できる時期となります。

ただし
「金運が良い時期」という意味ではありません。

自分が持ちきれない場合には
「人・もの・お金」に
振り回される時期でもあります。

また、生活や食べていくことで
バタバタと忙しい時期でもあります。

欲を出すとか、気が大きくなる
または逆に振り回されるなど

自分を見失わないように
一人の時間を持つようにして下さい。


我が身が「水」の人は

気持ちや想いが漏れ出る年

水の人にとって今年は漏気が巡る時期です。
吉凶は我が身の強弱が大きく関係し

特に我が身が弱い人は注意が必要です。
「気が漏れる」と書く通り
この時期は我が身が消耗しやすく

事故・怪我・病気に注意です。
とくに「うっかり・慌てて・焦って」などで
起こることには要注意です。

また「気が漏れる」という事から
気が抜けるようなこと
途方に暮れるようなこと
気力をなくすようなこと

これらにも注意です。

漏気のよい働きとしては
これまで犠牲や我慢が多かった人
動くに動けなかった人
始められなかった(やめれなかった)人などは
自分の気持ちが優先できる時期です。

やりたい事が出来たり
滞っていたものがうまく進むなど
開ける時期でもあります。

「水」は
季節では冬
時では夜
方角では北

「木」は
季節では春
時では朝
方角では東

水の人にとって
木が巡る今年は
夜明けの時期・春が訪れる時期でもあります。

漏れ出る気をうまくコントロールして
新しい巡りの始まり
明るくお過ごしください


【関連記事】

2025年頃-日本は時代の「冬至」を迎えます。


ご相談のお申込み・お問い合わせなど
お気軽にどうぞ。

LINE友達追加は⇒
QRコードを読み取り
またはタップにて

 

ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さい

※メールのエラーが大変多く
当方からの返信メールが届かない場合があります。

翌日になっても返信がない場合は
LINEにて再度ご連絡ください。


メール

ラインでの問い合わせもお気軽に


⇒【全記事の一覧】はコチラから

コメント

コメントを残す

*