五行象のお話

跡取り運と初代運

五行象には、
「跡取り運」「初代運」というのがあります。

まず初代運とは、
これは自分から外…下…との関係で、
友達や社会、自分の配偶者や子供との縁で、

親元を離れて暮らす人に多い運です。
基本、自力の運勢です。

そして跡取り運とは、
それら外との縁より、
自分の親や身内との縁が強く、

地元から出ないだとか、
自立しても親の近くに暮らす人が多いです。

そして、跡取り運というだけに、
金銭的にも跡を取ります。

金額の大小は関係なく、
親の持つ物を取る(継ぐ)のです。

ですが、継ぐとは、
親の一切を継ぐことでもあります。

法律だって、負の遺産相続があるように、
運も正負ともに継ぐのです。

以前、相談にいらした女性の話ですが、
離婚の際、ご主人名義の家を
自分の親が買い取ってくれたそうです。

おかげで家は自分のものになり、
これまでと変わらず暮らせたそうですが、

その後、ご両親が立て続けに入院し、
介護のため、仕事も失ったそうです。

すっかり疲れ果ててしまい、
「私ってそんな運勢なんですか?」と、
嘆いてらっしゃいました。

確かに介護というのは
相当大変なものだと思います😣

ですが、「そんな運勢」というような
悪い運勢なんてありません。

この女性は、親の生も負も継いだのです。

初代運なら最低限の事しかしてもらえず、
あとは自力で成してきたので、
負も最低限のものです。

そして不思議なことに、
何も残せない親ほど、
あっさり亡くなります。

生も負も残さないという事です。

遺産相続の相談も多くありますが、
「正負を継ぐ」という事を考えて、

跡取り運ならそれを覚悟し、
初代運なら自力で頑張る。

それぞれが、それぞれの運に沿えば、
不満も争いも、なくなるのではないでしょうか🙂

ちなみに、この跡取りとは
一般的に言う、長男だから家を継ぐ
という意味ではありません。

どれだけ「してもらったか」の程度で、
例えば家自体は長男が継いでも、

金銭的に次男が「してもらってた」なら、
そのプラスと同等のマイナスを継ぐのです。
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

五行象と高みの見物

「子供がゲームばかりしている
そんな悩みもよく聞きますが、

ゲームが良いとか悪いというよりも、
リアルな世界を生きないのは心配ですよね

五行象には、2本の足人生の土台を意味する、
「財気」と「剋気」があります。

「財気」は生活力やお金、人間関係などの吉凶を表し、
「剋気」は環境に従ったり、仕事運などの吉凶を表します。

これらが良好な人は、社会の中で仕事をして、
お金を稼いで、子育てをして・・など、
地に足のついた生き方をしますが、

これらの土台がない(弱い)人は、
“現実”を生きるのが苦手で、
高みの見物的だったりします。

知っているだけで出来ない
聞いただけで経験はない

そんな風に、足がない・・
頭だけの人生になりがちなのです。

例えば何かを成し遂げるのも、
初めからうまくいくなんてあり得ません。

頑張っても全く認められなかったり、
やる事なす事がことごとく失敗したり・・

子育てだって、今は立派に育っていても、
そこにいたる毎日は、色々とあったでしょう。

そんな時期もあっての「今」です。

ですが土台のない人は、
そのプロセスが分からないので、
「今」だけを見て判断してしまいます。

今、「成功している人は凄い」とか
今、「うまくいっている人は立派」とか、
今、「あの人はダメだ」とか・・

そして自分自身も、
足元の階段を一歩ずつ上がることが出来ず、

成功イメージだけを持ってしまい、
うまくいかないと止めてしまったり、

失敗イメージだけを持ってしまい、
挑戦しようとしなかったりするのです。

皆さんも、ちょっと自分の足元を見てみてください。
しっかり地についていますか?
どんな道を歩いてきましたか?

たとえ今は見えなくても、
どこかのゴールに繋がっているのですから
しっかり踏みしめて進みたいですね
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

不倫しやすい女性

五行象には“不倫の相”と言われるものがあります。

簡単に説明すると、
我が身とは陰陽が逆になったもの・・

例えば、
我が身が“陰金”なら“陽金”
我が身が“陽火”なら“陰火”

それらが、人生観をあらわす
「社会の定位」や、
恋愛観・結婚観をあらわす
「配偶者の定位」にあると、
“不倫の相”だと言われています。

※ちなみにこれは、
妻子ある人と不倫をする女性をいいます。

もちろん、皆が皆という訳ではありませんが、
“不倫の相”とはどういう事でしょう・・・

まず「我が身」とは自分自身で、
“自我”や“想い”を表します。

そして、
その「我が身」と陰陽が逆というのは
“裏の自我”とされ、
本当なら抑えるべき感情や、隠すべき想い
そのまま表に出てしまうのです。

ですから、動物的な本能や欲望のままに
突き進む傾向があるのです。

例えば「この人素敵だな~」と思っても、
結婚していると分かってしまえば、
とても残念ですが普通はそれまでです。

ですが「裏の自我」が表に出ると、
欲しいものは欲しいのです

頭では分かっていても、こればかりはね・・
トイレを我慢できないのと一緒
抑えられない本人が、一番しんどいでしょう

ですが、この「裏の自我」は、
結婚運の悪さでもあります。

略奪の末、結局別れる・・
よく聞く話ですが
これもそのせいかもしれません。

有名人では、略奪婚で有名な近藤サトさんも
この「裏の自我」の持ち主でした。

他にも略奪婚をした有名人を調べると
「裏の自我」を持つ人がとても多くいます。

しかも、ただ不倫をした女性でなく、
略奪してしまう女性に多いのです。

「裏の自我」を持つ人は、注意が必要ですし、
後に待つ災いも理解して下さいね
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

夫婦の相性

恋人同士なら、
お互い生活が別なわけですから、

楽しい時も喧嘩の時も
それは“限られた時間”です。

ですが夫婦となると、
お互いの良い時も悪い時も、
それが家の中に持ち込まれる訳で、

「2人の相性」というのは
より深いものになっていきます。

話が合うとか、好みが合うとか、
そういった性格の部分は、
恋人同士ならそれで十分ですし、

育った環境をあらわす
「親の定位」

仕事や人生観をあらわす
「社会の定位」
そういった相性も大切です。

ですが夫婦の場合は、
まだその先が大事なんですよ

運勢には10年運と言われるものがあります。

これは生まれ持った運勢に大きく影響し、
陰と陽で10年ずつ・・・

20年間も作用するのですから、
考え方や好み、性格までも影響を受けます。

先ほどのような、今の相性だけでなく、
お互いの10年後、20年後
どんな運勢が巡ってくるかで、

二人の関係や立場
どう変化するかが分かるのです。

「今は問題があっても、
離婚しない方がいいよ」とか、
「また同じことが起こりますよ」とか、

共に生活をしていれば、
それはそれは色々あるでしょうが、

今の悩みに押しつぶされず、
先を見据えて考えたいですね。

そして、「今」がどう・・ではなく、
その時々で修正しながら、
長い人生を共に歩んでいける

そんな相性の人を、見つけて頂きたいです


関連記事
夫(妻)はもう一人の自分
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

夫(妻)はもう一人の自分

五行象には、
・育った環境をあらわす「親の定位」
・人生観をあらわす「社会の定位」
・晩年や成果をあらわす「晩年の定位」

そして、
・結婚運や恋愛観をあらわす
「配偶者の定位」があります。

生まれ持った五行のバランスで
性格や適性、人生の傾向などが分かりますが、

それぞれの「定位」も考察することで、
過去、未来、現在といった運勢の流れも
よりはっきりと、詳しく見えてきます。

image_20170809105059501.jpg
さて、
「配偶者の定位」が示す具体的なことは
2人の相性や
どんな相手を好むか?
どんな相手が良いか?

そして、
結婚に向くか?向かないか?
どんな家庭を望むか?
・・・などなど

恋愛や結婚についての様々なことが分かります。

そしてこの「配偶者の定位」は、
「我が身」と対になっています。

ss-2011113018185611515.jpg
「我が身」とは、
自分自身の自我や想いを示し、
それとになっているという事は、
夫や彼、妻や彼女というのは、
良くも悪くも合わせ鏡なのです。

といっても、
“似ている”という意味ではありません。

たとえば浮気ばっかりする相手だとして、
じゃあ自分も浮気性か?といえば、
そうとは限りませんからね。

“浮気”など、キーワードの問題ではなく、
「なぜ、そういう人に惹かれるのか」
「なぜ、家庭的な人に惹かれないのか」
「なぜ、フツーの人に縁がないのか」

そんな恋愛観・結婚観が、
我が身と配偶者の定位に示されているのです。

夫婦関係や恋愛相談について、
日々、色んな悩みや不満を聞きます。

ですがそれらも、
一方的に相手に問題がある訳ではなく、
自分の合わせ鏡だと考えたら・・

「別れる」という結論だけじゃなく、
もっと良い方法があるかもしれませんね


関連記事
夫婦の相性
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

そうか向いていないのか

人は誰でも、性格はもちろん、
向いている職業や環境など、
それぞれ“生まれ持ったもの”があります。

ですが社会というのは、
だいたい普通が一番
周りと同じが一番
そんな“皆”と同じように生きられる人はいいですが、
そうでない人も多くいます。

「どうしてうちの子は・・」
「どうして私は・・」
普通の事なのに“生きづらい”
そんな悩みも多く寄せられます。

さて、私は時代劇が大好きでして
五行象で勝手に名づけたカテゴリーがあります。

その中でも「町人」というカテゴリーが、
先ほどの“社会で普通に暮らす”ことに適した人です。

「人・もの・お金・社会」をあらわすのが町人で、
大多数の人がこれに当たります。

社会性があり、皆と同じように結婚し子供を育て、
食べるために働く、生活の為に働く
そんな地に足のついた人たちです。

ですが、「町人」ではない人もいるのです。
それが生きづらさを感じてしまう人です。

人間関係に悩むのもそうですし、
皆と同じように勉強、就職、結婚など・・・
どうしても違和感を感じてしまいます。

仕事だってそうです。
大多数の「町人」からすれば、
「働いて稼ぐのが当たり前」なのですが、

怠け者という訳ではなく、生来“食べるため”とか
“生活のため”という事に生きがいを感じられません。

ですから、当たり前の事が苦痛で仕方ないのです。

私はいつも、そんな「町人」以外の人には、
「向いていないから仕方がない」と伝えます

だから遊んで暮らせばいいという事ではありませんが、
だいたいの人は「なぜ生きづらいのか」が分からない・・
だから悩んでいるのです

「そうか向いていないのか」と
良い意味で諦めたり、割り切ったりするだけで、
随分と楽になるようですよ

五行象には、「町人」以外にも
「お武士さま」や「お殿さま」などなど
色んなカテゴリーがあります。

できる事なら、自分にあった環境で暮らしたいですね
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

別れと成就と相性と

恋愛や結婚についての相談は
本当に多く寄せられます。

せっかく好きな人が出来ても、
うまく行かないことだってありますしね

フラれたら誰だって悲しいものですし、
同じ女性として、その理由を聞いて、
「なんじゃ?!その男は」と
一緒になって腹を立てたりする時もあります

でも・・占ってみると、
意外と違っていたりするんですよ

自分が振ったにしても、振られたにしても、
結局のところ、そういう相手は
相性が良くない場合が多く、
「別れてよかったですよ」という事がよくあります。

自分の頭では「この人」と思っていても
心のもっと深いところでは、
ちゃんと気づいているのかも知れません。

以前、「別れた相手を、3年も引きずっていた」
そんな女性が相談に来られましたが、
やっぱり相性は良くありませんでした

私はいつも「心と身体は運勢だ」と言います。

本来なら、そんな相性の良くない相手を、
そこまで好きにはなりません。

ですが3年も・・・というのは、
愛ではなく「こだわり」
それとも「意地」でしょうか

もったいない時間を過ごす前に、
「どーせ相性悪いですよ」と、

もっと早く知ればよかったと、
おっしゃっていました。

皆さまも、もし今「心と身体と運勢」が、
“しっくり”きていないようなら、
ぜひ五行象で正してみませんか
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

五行象の「内と外」

皆さん節分の日は「福は内~ 鬼は外~」と
豆まきなさいましたか

さて、その内外には関係ありませんが
五行象には「我が身」を中心に、
「内と外」という働きがあります。

「内」とは、自分の気持ちなど内面的なことや、
親や家族など、内側の人(身内)との縁を表します。

「外」とは、客観的、外面的なことや、
職場や地域など、外側の人(他人)との縁を表します。


例えば「内」が強い人は、
一人の時間を優先し、趣味など自分の心の満足を優先します。

また“気持ち”など、自分の内面的な充実を優先します。

スポーツも個人競技を好んだり、
人に聞くより自分で調べる、
そしてその過程が好きだったりします。

女性の場合は、結婚後も自分の両親と関わることが多く、
夫の家族とはあまり関わりません。

このタイプは、周りから見れば孤独だったとしても、
本人は意外と満足している場合が多いですし、
「別に他人はどうであれ」と、
あまり周りに左右されないので、
心の充実度は高いといえます。

ただ、それも過ぎると「自己完結型」が強まり、
人の意見を聞かない、協調性がない、
極端な考え、なんでも否定的などとなり、
本当に「孤独な人」にならないよう、
注意が必要です


反対に「外」が強い人は、
早くに親元を離れて自活したり、
一人の時間を過ごすより
友達といることを好みます。

そして、親から手取り足取り学ぶより、
社会の中で自分で学ぶことが多いです。

スポーツなども団体競技を好んだり、
周りの人と試行錯誤しながら、
みんなで作り上げることを好みます。

女性の場合は、結婚後も自分の親や兄弟より、
夫の家族との関りが強くなります。

このタイプは、仕事・結婚・出産・子育てなど、
実社会での一通りの生活が充実しています。

交友関係も広く、いわゆる「リア充」の人ですが、
ただそれも過ぎると、体裁ばかりに囚われたり、
すぐ人と比べたり、価値観が外にあるので、
自分の本当の幸せに気づかない傾向があります。

結果、物質的には恵まれているのに、
心は寂しい・・
そうならないように、注意が必要です。

さて、皆さんはどちらのタイプでしょうか?
実際の五行象では、他にも細かいバランスがあり、
それらを総合して判断しますが、
この「内と外」で、おおまかな傾向は決まります。

皆さんも、自分のタイプを活かして、
充実した毎日をお過ごしくださいね
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

そんな旦那はお殿様

私は時代劇が大好きでして

子供の頃から、「上杉達也は朝倉南を愛しています」
なんて甘~いセリフより

「俺の名前は引導がわり
迷わず地獄に落ちるがいい」にグッときては、
変わり者扱いをされていました

さてさて、
占い相談でも「もし江戸時代だったら」と例えることが多く、

例えば…
「そんな旦那はお殿様」です。

五行象には、
私が勝手につけた「町人」や「お殿様(お姫様)」
というカテゴリーがありまして、

簡単にいえば、
町人は“生きる力の強い人”

殿様は“生きる力の弱い人”です。

夫婦の問題は色々ですが、
・家族を養う気がない
・子育てに協力しない
・自分だけ遊ぶ…など、

まるで「子供」のような旦那に、
“一緒に家庭を築けない”
そう相談にいらっしゃる奥さまが多くいます。

そして、そんな旦那さんの五行象をみると
たいていが「お殿様」なのです。

殿様ですから高みの見物で、
汗水たらして家族を養うのが苦手

無責任だと言ったって、
「子育て」や「稼ぐ」というのは
「地」に暮らす町人の性分ですから、
殿にそれを求めるのが間違いなのです

だからといって、
「あーそうですか、ならば私が」と、
一人で頑張る訳にもいきませんが・・

ただ、一つ言えるのは、
殿様は「生活する」ことに不得手なわけで、
「人が悪い」のではありません。

それに、家族を大切にしていない訳でも、
子供が可愛くない訳でもありません。

殿様は殿様なりに想いはあっても、
「町人」のいう「生活」というのが、
理解できていないだけなのです。

いま現在の態度を見れば、
無責任で信頼も信用も出来ないでしょうが、

そういう夫婦に限って、子供の手が離れ、
「地」で生きることから少し解放されれば、
また仲良し夫婦になったりするものです。

それに、たとえ旦那がお殿様でも、
妻が“頼れる町人”なら、うまくいくものです。

ですが、不仲になる多くの場合は、
奥さまも生活力に乏しい姫タイプ・・

殿と姫が、「地」で働き子育てをしているので、
お互いが負担となり、不満が出るのです。

もし今、そんなお殿様に苦労されているのなら、
一度、夫婦の五行象を知ってみませんか?

色々と見えてくるものがあるかもしれませんよ
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

五行象と人生の流れ

五行象には、
生まれ持った性格や
適性などだけでなく、

「親の定位」

「社会の定位」

「自分自身」

そして、
「晩年の定位」という
“流れ”があります。

親の定位とは、
育った環境を意味し、

社会の定位は、
仕事や人生観を意味します。

「カエルの子はカエル」と言うように、
育った環境は、仕事などには影響を与えます。

でも、性格や人格に影響を与えることはないのです。

よく、「親が厳しかったから・・放任だったから・・末っ子だから・・」
といった話を聞きますが、
性格は生まれ持ったものです。

ですからどう育っても、
引っ込み思案ならそのまま
負けず嫌いならそのまま
優しいならそのままなのです。

ただ、その性格が吉となるか凶となるかは、
就く職業や、身を置く環境によります。

そしてそれを与えるのが親なのです。

お子様にとって、よりよい環境を
ぜひ与えてあげたいですね

そして「晩年」というのは
自分自身から流れるものです。

育った環境など全く関係なく、
自分自身で作ることができるのです。

親からの流れがたとえ不運なものであっても、
幸運なものであっても、
それに浸かってはいけません。

自分自身から流れる「晩年」の為に、
ぜひ今から輝いてくださいね
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆