陰陽五行は天地の理・・天地に生きる私たち

陰陽五行説が体系化したのとほぼ同時期に成立した、
中国最古の医学書「黄帝内経-こうていだいけい-」には、
次のような記述があります。

「人間というものは、
天地の間に生命を受けているもので、
即ち天地の気が感じあって出来たものです。


天地の運行に逆らうことなく
四季の養生法にかないますと、


天地は父母のごとくその人を慈愛して、
百年の天寿を全うすることが出来るのです。」

私たちはロボットのように工場で生産されたものではなく、
天地の気をすみずみに受けて誕生した

“地球の子供”です。

そんな私たちの心と体を、
東洋医学では“小宇宙”と表現しています。

陰陽五行が教えることは、

なにも難しいことではなく
「当たり前の自然の摂理」です。

「太陽は東から昇り、西へと沈むんですよ」
と言っているだけですし、

天地の法則に適うというのも、
なにも難しいことではありません。

「日が沈んだら眠りましょう」
「日が高いうちは動きましょう」と言っているのです。

黄帝内経には、また次のようにも記されています。

「太古の人々は心身ともに
天地の運行にとけこんだ暮らしであったから、


その心は満たされ、真に素朴で、上も下もなく、
社会は円満におさまるものでありました。


賢い人も愚かな者も、
みな平等に人間としてのあるべき心得を全うでき、
心身も安泰であったのです。」

 

便利とはなにか・・豊かとはなにか・・・
なんだか考えさせられますね

<関連記事>
運は食から


 


⇒【天地陰陽 男♂と女♀】開運恋愛セミナーのお知らせ

⇒【五行象®開運カウンセラー1day講座】

⇒【全記事の一覧】はコチラから

-------------------------------------
【五行象 占いサロン】
  by祐気堂-ゆうきどう-
占い相談のご予約や
アクセス、五行象について・・
⇒詳しくはサイトで
-------------------------------------

コメントを残す

*