占い 経営の相談-お金を稼ぐ「財気」と術を極める「相気」

先日、ある鍼灸師さんが
相談に来られました。

今の時代こそ
東洋医学を広めたいと

とても勉強熱心な方で
プロ意識も高く

口コミで遠方からも
患者さんがいらっしゃるそうです。

ですが、経営がなかなかキツイ・・

お金や経営について
相談に来られたのでした。

さて、下記は明治時代の易占いでの、
ある占例に書かれていたものです。

——–

深く学問を研究しても、
その内容が深ければ深いほど、
一般の人々には理解できない。

貴方が頑張れば頑張るほど、
人々は益々理解できなくなる。

これではまるで
井戸の底で穴を掘って
一人楽しんでいるようなもの・・

——–

これを聞いて、
五行象での「相気と財気」と
同じ話だな~と思いました。

相気とは「術」を習得する働き
財気とは「人・もの・お金」との関係

学問を追求したり、技術を高めるなど
本当のプロであるには
相気の働きが必須です。

大衆に認知されたり、売れる、
儲かる、人との関わりなどは
財気の働きが必須です。

「術」を極めることと、
「経営・商売」というのは
また別の話なのです。

いくら「術」を極めても
一人井戸の底で楽しんでいては
せっかくの知識も技術も埋もれたまま

ひとり山奥で修行するのが目的なら
それはそれで構いませんが、

経営をうまくいかせたいのなら
「財気」の働きが大切なのです。

ご相談の鍼灸師さんは「相気」が強く
「財気」はありませんでした。

なので、この井戸の話を伝えると
「確かに・・・😰」と
頭を抱えてらっしゃいました。

(だから、逆にいえば本当のプロ!
腕は確かなんですよね)

さて、そこで助けとなるのが、
年運でその財気が巡る時です。

1年運なら陰陽で2年間
10年運なら陰陽で20年間も巡ります。

先ほどの鍼灸師さんは、
10年運がすでに財気に入っています。
(だからエイッ!と開業できたのでしょう)

1年運のせいでその財気が
なかなか動かなかったのですが、

もう来年からは1年運も後押しし
きっとうまく動き出します✨

そう伝えると安心して帰られました🙂

「財気」の働きについては
また詳しくお話しようと思いますが、

簡単には、相手あっての事・・です。
自分のこだわりはちょっと置いておいて

相手が何を望んでいるのか・・
相手が知りたいことは何か・・

そう意識することも大切ですね😊

ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さい

メール

ラインでのお問い合わせも
どうぞお気軽に



ブログの新着情報は
facebookページでも
お知らせしています
ぜひシェアください

⇒【全記事の一覧】はコチラから

コメントを残す

*