占い 経営相談-五行象でわかる「使う人」と「使われる人」

先日、会社を経営している方が
社員のやる気のなさに
悩んでおられました。

やる気がないというか
「言われたことしかしない」
「自分から学ぼうとしない」
という事だそうですが・・

「五行象®」では

使う側と使われる側
はっきりと分かります。

それは「我が身」を中心に
剋気と財気にあらわれます。

「剋気-こくき」とは?

我が身を抑える働き

自分を抑えるという事から
剋気は自ら働きかけるのではなく
与えられた事をこなすタイプ

公務員や会社員などに適します。

「財気-ざいき」とは?

我が身が支配する働き

自分が支配・コントロールする事から
新しいことを生んだり、
現状を変えようとするなど

人や物・お金などに
自ら働きかけるタイプです。

経営者やサービス業などに適します。

確かに、最近はずいぶん変わりましたが
一昔前までの役所なんかは

聞かないと教えてくれない・・
言わないとしてくれない・・
完全に受け身の人たちでしたよね😅

どこかの元知事も
「これが民間なら・・」と
よく怒ってましたでしょ😅

これがサービス業なら
待ってるだけでは客は来ませんし

経営者なら自分から動かないと
誰も仕事を与えてくれませんよね💦

これが「剋気」と「財気」の
働き方の違いなのです。

とはいえ、五行象®では
どちらが良いも悪いもありません。

先ほどの悩みについて
与えられた事しかしない人は
剋気タイプで「使われる側」

与えられた環境の中で
与えられた仕事を

我を通すことなく、
きちんとこなします。

なので、使う側からすれば
従順で使いやすいタイプなのです。

反対に、財気タイプは
いちいち言わなくても
自分で考えて動いてくれるので
仕事を任せやすいかもしれませんが

基本は「使う側」なので
自分で勝手に判断したり
従順さはありません。

「使う側」と「使われる側」

それぞれがそれぞれの立場だからこそ
うまく回るものなんですね😌

誰がどういうタイプなのか?
そして自分自身についても
「使う側」なのか?
「使われる側」なのか?

ぜひ知って頂きたいと思います😊

⇒【関連記事:経営や商売のお話】


ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さい

メール

ラインでのお問い合わせも
どうぞお気軽に



ブログの新着情報は
facebookページでも
お知らせしています
ぜひシェアください


⇒【全記事の一覧】はコチラから


コメントを残す

*