「火」の五臓についてー「心」は舌に開き、言を主り、兆しは目に在る

立秋を迎えたとはいえ
まだまだ暑い日が続きますね

夏は五行では「火」
そして
五臓では「心」です。

今日はその「心-しん-」について
お話したいと思います。

心は神を蔵する

“音が似てれば
働きも似ている”で

心は神を宿しています。

この神というのは
精神そして意識のことで

人としての精神性や
筋道を立てて
ものを深く考える知恵

そして「意味」です。

本能的な感覚や感情ではなく
人が人としてあるのは
脳ではなく「心」の働きなのです。

そんな「心」の働きが弱いと
精神状態が不安定になったり

「心」が「安らかでない」
不安感が強まったりと

心-こころ-が落ち着きません。

心は目に兆す

心の状態は「目」に現れるとされ
これは、物理的に「見る」だけでなく

心で見る=物を理解する・認識する
考える
・・などでもあります。

そんな「心」が弱いと
物そして物事を
しっかり見ることができず
深く理解できません。

そういえば以前
東大生に聞く「頭のいい人の特徴」
というアンケートがありました。

結果は
「頭のいい人は目がいい」でした。

これは視力の事ではありません。
よく見ている=気づいているとか
認識できているなどで

早い話がボサーっと過ごしてない
という事でしょうね

そして
目は口ほどに物を言う・・と言いますが

心の働きが悪いと
目の奥が弱々しく
覇気がなかったり

逆に目が落ち着かず
キョロキョロしたり

そう言えば亡くなった祖父が
「目のキョロキョロする男はアカン」
と言っていましたが 😆

確かにその通りだったんですね。

あと関係ないですが
「川より低いところに住むな」
とも言ってました

心は舌に開竅する

「心」は舌に開くとされ
言語能力に関係していますが

「心」が弱いと
自分の気持ちや考えを
うまく伝えられません。

話の筋道が立てられないとか
うまく言葉がでないのです。

また、「舌」そのものもそうで
滑舌が悪かったり
呂律が回らないなど

いずれにしても
言葉が上手くないのです。

と…
言い出したら他にもありますが
キリがないので

知りたい方はぜひ五行象®講座へ 😉

さて、
そんな私たちの精神
とても重要な「心」ですが

もし自分で弱いと自覚される方は
よい開運法があります

それは、
なにか心拍数があがる運動などで
物理的に「心臓」を鍛えることです。

水泳やランニング・・なんでもいいので
自分が楽しく出来るのが一番ですね

心と体は「体が先」
体が整えば心も整うのです。

ぜひ試してみて下さい

五行象®占いサロンは
占いスキルだけでなく
様々な分野の
スペシャリストが在籍しています。

ご相談は完全予約制となります。
指名またはフリーでの相談にて


鑑定師 一覧

ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さい

※メールのエラーが大変多く
当方からの返信メールが届かない場合があります。

翌日になっても返信がない場合は
LINEにて再度ご連絡ください。


メール

ラインでのお問い合わせも
どうぞお気軽に




⇒【全記事の一覧】はコチラから

コメントを残す

*