五行占い 大阪-「火」の人は孤独に注意-楽に生きよう!

若い人でも、年配の人でも、
誰でも“一人ぼっち”は寂しいもので
出来るなら心許せる相手と過ごしたいものです

ですが「火」の人…
特に、強ければ強い人ほど、
少し考え方を変えないと、
孤独になってしまうかもしれません

まず「火」の人は、
“道理”や“人として”という事をよく言います。

ですから、「人として間違っている!」となると、
付き合えなくなってしまいます。

「あんな人とは付き合いきれない」
「それは間違っている」
「なんて頭の悪い人」など、

排他的な考えが強まり、
一人また一人と付き合いを無くします

そして気が付くと、
“一人”になってしまう傾向があるのです。

確かに「火」の言う事は“その通り”で、
理屈としては筋が通っています。

でも、人の気持ちというのは、
理屈じゃない場合もありますからね

相談にいらっしゃる方の話を聞いても、
「私なら、あんな事は言いません」とか
「私なら、もっとこうします」など、
自分の道理をおっしゃいます。

確かに“その通り”ではありますが
相手は自分じゃないですからね

それに「道理」というのも、
たいていが“自分の思う”道理で、

周りから見ればどうでもいいような
小さな事にこだわったり、
些細なことを、いつまでも恨む傾向があります。

そうして、どんどん周りを遠ざけるのです。

これは友達だけでなく、
家族でも同じことが言えます。

「火」の人から、
「家族が誰も寄りつかなくなった」と
相談を受ける事もよくあります

寂しいですよね..
一度きりの人生です、

別にちょっと間違っても、バカバカしい事でも、
せっかくなら笑いに変えて、

楽しく暮らすのが一番じゃないですか
思い当たる方は、ぜひ考えてみてください

ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さい

メール

ラインでのお問い合わせも
どうぞお気軽に



ブログの新着情報は
facebookページでも
お知らせしています
ぜひシェアください

⇒【全記事の一覧】はコチラから