五行占い-五行それぞれの色「木の青ってどんな青?」

「木火土金水」の五行は
季節や時間を表すだけでなく

五色と言われる
それぞれの色があります。

木は青
火は赤
土は黄色
金は白
水は黒

東洋医学の望診でも
これらから顔色をチェックし
体の悪いところを診ます。

さて
「木」の五色は「青」ですが

たまにネットや本などで
「緑」としているのを見かけます。

「木」は季節では春なので
樹々の緑から連想して
「緑」としているのかも知れませんが

これは間違いです。

五行の「木」は
「樹木」のことではありませんからね。

では「木」の「青」とは?

「木」は時では朝
それも明けきった
明るい朝ではなく

トワイライトブルーや
ブルーアワーなどと言われる時間帯

この青さが「木の青」なのです

私は占い講座で
「木」の性格を説明するとき

「ブルーアワーに外に出てみて下さい」と言います。

まだ明けきらない青い世界は
ちょっと不安定で繊細で
神経質な感じ

でももう夜じゃない
もうすぐ明るくなる

清く澄んでいて
ピリッと緊張感がある

「木」の人はそんな人なんです。

分かりづらいですか 😆

でもこれが本当の
五行占いなんですよ

若い男性のことを
「青二才」と呼んだり

「青臭い」
「尻が青い」

若いことを表す言葉に
「青」が多いのも
そういう事です。

アンチエイジングという言葉を
よく聞きますが

若返りには
明け方の空気が一番ですよ 😀

ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さい

メール

ラインでのお問い合わせも
どうぞお気軽に


⇒【全記事の一覧】はコチラから

コメントを残す

*