気持ちなんて“あやふや”なもの

東洋思想には「天地人」という概念があります。

「天」とは、
目に見えない働きや、エネルギーなどを意味し、

「地」とは、
それを受けて顕在化するもの、物質を意味します。

そして「人」とは、もちろん私たちのことです。

この世界は、
「天」である“目に見えない働き”と、
「地」である“目に見える物”から成り立っているのです。

私たち自身も、
目に見えない精神と、
目に見える肉体から成っており、
人が「小天地」と言われるのもそのためです。

そして、いま私たちが暮らしているこの世界は「地」です。
「地」で肉体をもって生きているのです。

どんな相談でも「気持ち」を訴える方が多くいます。

自分が納得できない、譲れない、やりがい、喜び、苦しみ、、、
自分が抱える様々な想いは、
もちろん確かに存在するものですが、

気持ちほど“あやふや”なものはありません。

子供が石を好むことについて、
陰陽五行とダイエットでも書いていますが、

目に見えないものというのは、
ふとした拍子に散り散りにもなりえます。

だから怪談話にもよくあるように、
人は怨念などを石に封じ込めるのです。

どんなに想っても、気持ちなんてゆーのは
“自分が勝手に思っているだけ”で、
匂いのようにいつかは消えてしまいます。

想いは石に閉じ込めることで、
永遠となると考えられたのですね。。。

現実世界=「地」で生きる為には、
物質である「肉体」がまず大切です。

気持ちも大切ではありますが、
残念ながら気持ちだけでご飯は食べられないのです。

中国の伝説の仙人のように、
霞を食べて生きていけるなら別ですけどね

気持ちがいくら「行くもんか!」と決心しても、
歩けば勝手に進みます
あたりまえ体操ですね

たいていの人は、気持ちがクリアになるまでは
“何も始まらない”と誤解しています。

ですが何度も言うように、
気持ちほど不確かなものはありません。

気持ちを引きずったままでも、
地=環境=目に見える物を変えていった方が確かなのです。
失恋をした女性が髪を切るのも、そういう事なんでしょう。

少し前に「断捨離」というのが流行りましたが、
もちろん物欲にまみれて生きるのは愚かなことですが、
物が無いことが=良いことではありません。

地で生きるには物ほど確かなものはないからです。
世間では、メンタルヘルス、メンタルケア、メンタルトレーニングなど、、、
なにかと精神面が重要視されていますが、

見えない心をどうこうするなんて、
まるで空をつかむようなもの・・・

あなただって、いま自分の心を手に持つことなんて出来ないでしょう?
気持ちほど、不確かなクセに私たちを翻弄するものはありません。

だから古来より人々は“目に見えない想い”を石に込め、
魔よけや願掛けなどとしたのです。

もし今“なんとかしたい気持ち”があるのなら、
べつに気持ちはそのままで、
何か“目に見える物”を変えてみて下さい。
例えば髪をバッサリ切ってみる。

部屋のインテリアをガラッと変えてみる。
どこかの神社で願掛けのお札を買ってみる。

気持ちだけで悶々とせず、目に見える形で何かを変えれば、
必ず“現実”が変わるものなんですよ!
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 


⇒【五行象®開運カウンセラー1day講座】
⇒【全記事の一覧】はコチラから
-------------------------------------
【五行象 占いサロン】
  by祐気堂-ゆうきどう-
占い相談のご予約や
アクセス、五行象について・・
⇒詳しくはサイトで
-------------------------------------

コメント

Comments are closed.