占い師の夫婦喧嘩

占い師というのは、霊能力者でもありませんし、
なにか特別な才能がある訳でもありません。

私はよく
「占いは天気予報のようなもの」といいます。

ですから占い師は、
運気の予報士なんですね

今は冬だから種をまいても無駄・・
それより春に向けて準備をしましょう

今のうちに頑張らないと、
もうすぐ嵐が来ますよ・・

あなたは冬に咲くサザンカだから、
春だからと焦らなくてもいいんですよ・・

そんな風に、一人ひとりのタイプと
巡りくる運気とを合わせて、
最善の道をアドバイスするのです。

ですが、夫婦となると
それが災いすることもあります

例えば・・
一生懸命に火を起こしているけれど・・

image2.jpg
「あと2時間もすれば雨が降るよ」とわかる訳です

これが、相談にいらしたお客さんなら、
「おかげで、ずぶ濡れにならずに済みました
と感謝されるのですが、

夫婦となると、横から文句を言ってるように
とられてしまう事もあります

ましてや、私の為に火を起こしてくれている訳ですしね
だからと言って、雨が降ると分かっているのに、
知らん顔も出来ませんでしょ

「どう言ったら嫌な気分にさせないかな~」とか
「でもやっぱり邪魔しているみたいに思うかな~」とか
「よし!こうなったら一緒にずぶ濡れになるか」とか

あれこれ考えるのも、
これまた夫婦なのに変な話で

しかも、実際の人生では、
「2時間後に雨が降る」程度の話ではありません。

2時間で結果が分かれば話は早いのですが、
それが何年も先の事だったりしますからね
いま言われても、ピンとこないでしょう。

まぁ、それもこれも、
普段の私の態度が悪いのかもしれません

と、反省はしつつも、占い師であるかぎり、
言い続けてやろうと誓った夜でした
二人の幸せのために

 

コメントを残す

*