五行占い-はじめに「占い」とは?-大阪 占いサロン

皆さんは“占い”と聞いて
どんな印象を持たれるでしょうか

ひとくちに占いと言っても、
東洋占術・西洋占星術
インド占星術など様々なものがあり
手相占い、霊感占いというものもありますね。

ここでは“東洋占術”について、
本当の占いとは・・・を、お話したいと思います。
———————————————————————
東洋占術では、まず生年月日時から
“生まれ持った五行”を出します。

その時に用いられるのが、
「干支暦-かんしれき-」といわれる暦で

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸・・・・の十干と、
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥・・・・の十二支を組み合わせたものです。
image-hou.gif
干支暦は“暦”といっても
今のカレンダーとは大きく違い、
時を知るだけのものではありません。

年月日時そして方角なども表しています。

その成り立ちは、
中国の古代思想「陰陽五行説」で
森羅万象すべては
「陰と陽の二つの相反する性質からなる」
とする陰陽説と
「全ては五気より成り、五気の巡りが全てを表す」
とする五行説によるものです。
———————————————————————
寒さや暑さ、突然の嵐など・・・
私たちは自然の営みや、
季節が巡ることを知っています。

ですが太古の人々にとって、
日々変化する自然は
生活を大きく変えるものでした。

これら自然の流れをつかみ、
生活を安定させようとしたのが
「陰陽五行説」です。

夏・昼・南などは、
火の気が最も盛んになる事を表し、

反対に冬・夜・北は、
水の気が最も盛んになる事を表します。

干支暦から出すその人の五行、
そして日々巡る五気、
これらが“心と身体に”どう影響するのか・・・

それを読み解いたのが、
東洋占術の始まりなのです。
———————————————————————
木の気が盛んになる春や朝は、
太陽がどんどんと高くなっていき
万物がいっせいに活動を始める時です。

そんな時期は、
私たちの気力も充実してきます。

ですから何かを始めたり、
環境を変えたりするには
とても良い時期なのです。

ですが、
「木の芽時は体調に気をつけなさい」
と言われるように

エネルギーが活動を始めたばかりのこの時期は、
不安定な時でもあります。

なのでもともと“木の気”が乱れやすい人は、
この時期は気をつけたほうがいい・・・

本来の東洋占術とは、
こうゆうシンプルなものだったのです。

地球という天体の五気の巡り、
そしてそこに暮らす私たちへの影響

それらを1日、1年、10年・・・と解明して
人生を一つの周期とし、

その人の“心と身体”のありようを
丸ごと捉えたものなのです。

占いと言えば「良いことは信じるけど・・・」
という方も、大勢いるでしょうが

東洋占術は、多くの方が抱く
“占い”イメージとは大きく違うものなんですよ。

一度ご自身の五行を知り、
人生を動かしてみてはいかがでしょうか

 


ブログの新着情報は
facebookページでも
お知らせしています
ぜひシェアください


⇒1日で占えるようになる【五行象®占い1day講座】のお知らせ

⇒【天地陰陽 男♂と女♀】開運恋愛セミナーのお知らせ

⇒五行の基本がよく分かる!【五行1day講座】

⇒【五行象®開運カウンセラー1day講座】

⇒【全記事の一覧】はコチラから



-------------------------------------
大阪の占い相談・悩み相談
【五行象 占いサロン】
  by祐気堂-ゆうきどう-
占い相談のご予約や
アクセス、五行象について・・
⇒詳しくはサイトで

ご相談は対面・電話にて承ります
-------------------------------------