陰陽で考える組織改革-男女の「タテ社会とヨコ社会」-占い 大阪

このところ、
ボクシングの山根会長
それに女子柔道の栄監督や
日大の内田監督など、

何かと指導者のあり方について
問題になってますね😩

指導者に問題があったのは
もちろんのことですが、

にしても、
こんな事になる前に、
誰も指摘できる人が居なかったのか・・

組織のあり方も
どうかと思ってしまいますね😅

陰陽と縦と横

さて、陰陽では
「陰」は女性で、
受動、守備、を表し

「陽」は男性で、
能動、攻撃、を表します。

世間の情報では、
女性を横
男性を縦
としているのもありますが、
それは間違いです。

女性は子供を身ごもり
そして産みます。

祖母から母、
そして子供、孫という
命の縦軸で生きているので、

横の繋がりより我が子・・
といったように
縦の意識が強いのです。

反対に男性は、
“今”の横のつながり、
横の意識を強く持っています。

陰陽と社会の中での男女

女性が縦、男性が横という
陰陽の違いですが、

東洋史観では、集団になると
この陰陽・縦横が
逆になるとされています。

女性同士は集団になると
横の意識に変化します。

そして、ライバル心や
チームワークなどが生まれます。

また、陽的作用が強まり
能動的で攻撃的になります。

逆に男性同士は集団になると
縦の意識に変化します。

役割意識が生まれ、
序列ができるのです。
そして、受動的で守備的になります。

縦社会は変化・改革に弱い

上下関係のある組織では
たとえ上司の人間性が低くても
部下は部下の役割しか出来ません。

そのため、縦の社会は
変化への対応が
弱いともされています。

序列4番目の人が
トップに意見することは
なかなか出来ません。

男性的な縦社会では、
ピラミッドを崩さない限り・・
ピラミッドが崩れない限り・・

組織を変えるということが
難しいのです。

女性的な横の社会であれば、
誰かがダメだとしても、
また新たな誰かが対応します。

そのため時代が混乱する時や
変革の時に力を発揮するのです。

もちろん
どちらが正しいという事はありません。

縦社会は団結力があり
守りに強いですが、

横社会は団結力に欠け
守りに弱いのです。

陰陽というのは、
対立するものではなく、
交わってこそ万物を生みます。

陰陽と男女が混じり合い
よりより環境を
作っていきたいですね😊

ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さいね。

✉uranai@yuukidou.com
📞050-3695-9825

コメントを残す

*