本文へスキップ

大阪の占い相談、悩み相談

五行象による各種占い相談。谷町4丁目駅から徒歩3分

大阪の対面相談【五行象 占いサロン】by祐気堂-ゆうきどう-

 五行別どんな人?


 春夏秋冬と巡る季節や、朝昼夕晩と巡る時。
 全ては五行のもとに同じです。

 私たちの心と体も、その根っこは
 「木火土金水」という自然と同じ、
 では五行別に、その性格を見ていきましょう。

 ※基本は「我が身」の五行です。  
    ⇒我が身の五行を出す

 「木火土金水」それぞれの
 陰陽の違いについては、
 これから順次追加していきます。

「木」ってどんな人? 

「火」ってどんな人? 

「土」ってどんな人? 

「金」ってどんな人? 

「水」ってどんな人? 



太陽が昇る「はじまりの時」

季節では春、時では朝、方角では東

→植物では芽吹きの時
→人の人生では、誕生~思春期

五常は「仁」・・・慈しみの心や情けの心

「木」の人は、
心と体が「春の朝の東の空」と例えられます。
いつまでも若々しく「さぁこれから!」
という働きが基本です。

象意は「伸びる・成長する」などで、
反面、まだ未熟さを伴います。

植物が曲がったりくねったりしながらも、
何とかして伸びていくように、
とても前向きで、真っすぐな生き方をします

反面、「はじまり」だけに3日坊主なところもあり、
新学期だけノートが綺麗・・
そんな人も多いようです。



「木」の人は情緒が豊かで感情的、情動的
直感や感覚が過敏で、
“生身の人間” “生きている人”です。

“心に手足が生えている”というイメージで、
理屈やデータなどではなく気持ちが最優先され、
「心の痛風」とも表現します。
風が当たっても心が痛むのです。

泣いたり怒ったり笑ったり・・その時の感情に素直で、
人の気持ちにも敏感な分、
季節や環境の変化にも過敏に反応します。

スポーツなどの「勝った、負けた」、
ギャンブルなどの「当たった・外れた」

また、「命」に関係するような、単純で純粋
職業や環境に向きます。

万物五行表より、「木」は…
⇒春・東・朝・風・青・肝・胆・筋(スジ)・目・怒

「肝」とは現代医学の「肝臓」だけではなく、
脳を代表とする神経系、
→内分泌系・自律神経系・免疫系などの
「働き」を表します。

○○過敏症・○○神経症など、
働きや機能的な疾患に注意が必要です。

肝が異常をきたすと、イライラ、気鬱、不眠などや、
こむら返り、肩こり、眼精疲労など
痙攣、緊張性疾患にも注意が必要です。

 ページtopへ
太陽が高い「盛りの時」

季節では夏・時では昼・方角では南

→植物では大いに茂る時
→人の人生では、働き盛りの壮年期

五常は「礼」・・・礼儀や礼節の心

「火」の人は、
心と体が「夏の南国のお昼」と例えられます。
真夏の太陽がギラギラと輝くように、
明るく開放的です。

象意は「活発・旺盛」などで、
反面、激しさも伴います。

植物が夏の太陽のもと大きく茂るように、
発展的で意欲も旺盛な反面、

一度燃えたら、燃え尽きるまで燃え続ける様に、
「一度言い出したら聞かない」など、
性格がしつこい面もあります。

よく「心臓に毛が生えている」と言いますが、
「火」は臓器では「心」です。
「火」の人(強い人)はその通りしつこく食い下がり、
論破・達成します。

また、“ただ生きること”を表す「木」から、
一歩進んだ働きをしますので、
様々なものを学び、応用し、
発展させる働きがあります。

「要するにこういう事だ」と
物事の理屈をよく理解でき、
知恵はピカイチです。

社会の流れや、環境によるルールには囚われず、
物事の「真理」や「道理」、
そして「人として」という事を一番に考え
とても正しく生きますが、

凶作用が強まると自己の判断を優先し、
社会に反するような言動をとる傾向もあります。



物事の本質・根源、そして“意味”を探そうとするので、
簡単なことを難しく考えてしまう傾向もあり、
世知辛い今の世の中では、
生きづらさを感じることもあります。

万物五行表より「火」は、
⇒夏・南・昼・熱・赤・心・小腸・血脈・舌(喉)・喜(憂)

「心」とは現代医学の「心臓」だけでなく、
血の巡りも表します。
心が異常をきたすと、動悸や息切れ・
不整脈などの心疾患、
その他、循環器系の疾患に注意が必要です。

また、暑さで体が緩むと心も緩み、
憂いが多くなります。

 ページtopへ
山や田畑に象徴されるように
        「そこにあるもの」


「土」は季節・時では土用、
     方角では中央

一定や安定・恒常的・保守的など、
“変わらない”ことを表します。

五常は「信」・・・信用・信頼

土の人は同じ職場に長年勤めたり、
住所をあまり変えない傾向があります。

また、気分もコロコロ変わらないなど、
生活・性格が安定しています。

反面、過ぎれば、石橋を叩き続けて動かない、
ずーっと思い悩んでいる・・など、
その場でじっと動かない傾向があります。



新しいものを受け入れるのも苦手で、
凶作用では保守性が強く頑固者、

最悪の環境にあっても、
そこから抜け出せない事が多くあります。

土は「何かをする(やめる)のに10年かかる」
とも言われます。

田園の土のように、他を養い育む働きもあり、
土の作用で人生の安定度が変わります。

例えば「木」は始まりの時で継続が苦手ですが、
土があれば長く続ける事が出来ますし、
「水」の不安定さも土があれば随分と安定します。

万物五行表より「土」は…
⇒土用・中央・湿・黄・脾(ひ)・胃・肌肉・唇・思

「土」は六腑ではで、
胃とは食べ物を貯めるところです。

心と体は同じですので、
「土」の人は“物事をため込む”傾向があります。

とても記憶力がよく、良いことも悪いことも、
お腹にため込んでいます。

悪い場合は、肚(はら)にこだわり頑なになりすぎて、
心と体が石のように凝り固まらないよう
注意が必要です。

「脾」とは現代医学の脾臓ではなく、
口から肛門までの1本の管を表し、

脾が異常をきたすと、食欲不振、胃腸虚弱、
消化不良、胃もたれ、便秘、下痢など
消化器系疾患に注意が必要です。

 ページtopへ
太陽が沈む「衰退の時」

季節では秋、時では夕、方角では西

→植物では収穫や結実の時
→人の人生では、中年期

五常は「義」・・・正義や忠義

「金」は、心と体が「秋の夕暮れ時の西の空」
カラスが鳴いて帰る時です。

「衰退の時」といっても、同時に成熟したころ・・
「収穫」や「結実」の時でもあります。

「木」の春や朝、「火」の夏や昼とは反対に、
活動する時ではありません。

象意は、「落ち着く・収まる」などで、
反面、型通りで不自由さを伴います。

秋に稲穂が頭を垂れるように、
もう成長するような活発さはありませんが、

反面、落ち着いていて環境に従順
分析力・観察力・冷静さに長けています。

時代や社会のルールに則って
規律正しく生きることを好み、
きちんと規律の定まっている環境に適します。

ただ、ルールとは法律・社則・掟など、
あくまでも“今”の環境のルールなので、

凶作用ではその環境が悪い場合も
従い続けることになります。

「金」は若い女性でも、中身は中年のオジサンで、
落ち着いている反面、
若々しさやキャピキャピ感はありません。

「木」とは反し冷静な反面、情緒に欠ける面もあり、
過ぎればロボットのように感情の無い(感じない)人に
なることもあります。



そして感じない分、
心に「寂しさや虚しさ」を持つ人も多く、
そのため激辛好きなど、必要以上に味覚など
感覚に刺激を求めることもあります。
(ひどい場合は人生に刺激を求めることも)

“始まる時ではない”ことから、
きちんと収まった環境には適しますが、

事が起こった時に“再起”を図るのは苦手・・・
垂れた稲穂は上がらないのです。

万物五行表より「金」は…
⇒秋・西・夕・燥・白・肺・大腸・皮毛・鼻・悲

「肺」とは現代医学の「肺」だけではなく、
皮膚を含む“吸ったり吐いたり”する働きを言います。

また、肺と大腸は表裏一体とされ、
部位では腰も金に属します。

肺が異常をきたすと、咳、喘息、肺炎、結核など、
呼吸器系疾患に注意が必要です。

 ページtopへ
太陽が隠れる「終わりの時」

季節では冬・時では夜・方角では北

→植物では枯れる・休眠の時
→人の人生では、老年期

五常は「智」・・・人知を超えた知恵

太陽が沈み一日が終わるように・・,
草木が枯れ1年が終わるように・・

象意は「終わること・変えること」などで、
何かに囚われない自由さでもあります。

心と体が「真冬の北国の夜」ですので、
内面は「寒い・怖い・暗い」・・

どんなに明るく前向きな人でも、根はネガティブで
絶望感をもつ傾向があります。

“終わりの時”ということからも、
なにか問題が起こった時

「いったん白紙に戻す」とか「一回ゼロにする」
という、極端な面もあります。

とはいえ、“常に流れる水”と例えられるように、
柔軟で臨機応変さが特徴で、
物事に囚われず自由な発想・行動が得意です。

何のこだわりもなく、自由に考え行動するので、
「心(頭)と体」が柔らかいのが特徴です。



反面、流されやすく定まりがないため、
生活や心も不安定になりがちです。

基本、理屈は何もわかっていませんが、
そのかわり超常的で、霊感の強い人も多いです。

混乱した中や不規則な環境では大いに力を発揮し、
よく言えば“清濁併せ呑む器の大きな人”ですが、
悪く言えば滅茶苦茶な人です。

中には不安定さゆえ、または怖さゆえ、
石橋を叩き慎重とみえる場合もあります。

いずれにしても「寒い・怖い・暗い」というのが
気質の根っこです。

万物五行表より、「水」は…
⇒冬・北・夜・寒・黒・腎・膀胱・骨(髄)・耳・恐(驚)

「腎」とは現代医学でいう「腎臓」だけではなく、
膀胱、子宮、卵巣など、
下腹部全体の臓器や、下半身の働きを意味します。

腎が異常をきたすと、下半身の浮腫、冷え、頻尿、
月経不順、精力減退など
泌尿器系、生殖器系の疾患に注意が必要です。


「木火土金水」それぞれの性格は
基本は「我が身」の五行をいいます。

ただ、生年月日時から出す
他の五行とのバランスによっては、

「我が身」以外の五行が
強く作用することもあります。

生年月日から五行を出す


 相談のご予約は、下記フォームから
 またはメールにて気軽にお問い合わせください。

お申し込み

<メールでのお問い合わせは>
uranai@yuukidou.com

<電話でのお問い合わせは>
050-3695-9825
(お客様専用)
※営業電話はご遠慮ください

<アクセス方法はコチラ>


©2008 心と体の開運相談【祐気堂】 all rights reserved.