易占い-「天水訟-てんすいしょう」・・正しい道

「易」とは、
自然の摂理、天地の法則を説いたもので、
そこには先人たちの知恵がたくさん詰まっています。

さて、易占いには
「正しい道」という言葉がよく出てきます。

●正しい道なら進んで吉だけれど、
そうでない場合は災いを招く・・
●それが正しい道なら亨(支障ない)・・

そういった卦辞(説明)が多いのですが、
「正しい道」とはなんなのでしょう?

易の言う「正しい道」とは
簡単に言うと「人として」という事です。

物事には必ず「道理」があります。

それは法律で決められたものでもないですし、
周りが皆そうだから・・というものでもありません。

太陽が東から昇るように、
水は下へと流れるように、
「人として」の生きざまにも、
決まった道筋があるのです。

たとえ裁判で勝ったって、
たとえ大金を手に入れたって、
「道理」に適わないものは、
決して満足することはありません。

易の64卦の中には
「天水訟-てんすいしょう-」という
訴訟をあらわす卦があります。

これは、天と水と訟
上へ上がる「天」と下へ下がる「水」という
相反する働きに、争いをみたものです。

ご相談の中にも、不倫の事実を隠したまま
なんとか離婚にこじつけようだとか、
隠し財産がばれないように離婚に持っていきたい・・
親の遺産をうまく言って兄弟に放棄させたい・・などなど
そんな話を伺います。

もちろん、そこまでに至った経緯というか、
気持ちを考えると、分からなくもないのですが

言っていることと事実が相反していれば、
それは「天水訟」と同じ
道理に適わないものは、決して亨ことはないのです。

易占いはラインでも可能です。

●料金は
一件3,000円

●お支払いは
ゆうちょ振込み/クレジットカード


お友だち追加

メッセージをどうぞ

お気軽に問い合わせ下さい。

コメントを残す

*