易占い-「雷地豫(らいちよ)-初爻」人の喜びに便乗する

先日、ある女性が相談に来られ
出た卦が「雷地豫」の初爻でした。

雷地豫は「悦びの卦」と言われ
冬が終わり地上に雷鳴が響く様子・・
地上に太鼓が鳴り、歌い踊る様子・・

人々が悦び楽しむ様子を表します。

豫は「予」のことで
予備や予測など
「あらかじめ」の意味です。

冬の間に「あらかじめ」準備をしていたから
悦び楽しむ時期が訪れる

そのことから「豫」は悦びとされたのです。

さて、とはいえ今回は初爻
雷地豫のまだ始まりにあたります。

「鳴予(めいよ)、凶(きょう」とされ

これは、人の喜びに便乗して
または、人の恩恵によって
自分が悦んでいるという意味です。

「虎の威を借る・・」でもあり、
自分にはまだ力がないのに
人の権威や財産、才能などの恩恵を受け

まるで我が事のように悦んだり
驕り高ぶる様子を意味します。

たしかにそんなスネ夫キャラの人
どこにでもいますよね😅

さてさて、
これはなにもスネ夫キャラとは限らず
誰にでも起こりうることです。

例えば、
子供の手柄が自分の手柄になっている人

自分が別に凄いわけでもないのに
子供が優秀だからと悦びに浸る・・

それに、夫の地位や権力の威を借りる
よくあるママ友カーストがこれですよね

他にも、
孫が生きがいという人・・

普段は夫と話すこともなく
ただテレビを見るだけの日々・・

もちろん可愛いのは良いことですが
それが「自分の悦び」というのは
ちょっと違うんですね。

雷地豫の初爻は
そんな他から与えられた悦びは、
「長くは続かない」
そう警告しています。

自分の悦びは自分で作る
たとえ一人で居たとしても
なにか楽しい・嬉しいと思うことを。

たいした事じゃなくてもいいんです。
ほんの小さなことでもいいんです。

仕事で結果を残すとか
スポーツで目標を叶えるとか

なにか物づくりをしてみる

ここ!と決めた所を、
新築みたいに掃除してみる

筋トレだっていいわけです

雷地豫があらわす「悦び」
それは、一人の時間にこそ
あるのかもしれませんね✨

易占いはラインまたは電話相談にて

●料金は
一件3,000円
ライン相談・電話相談
いずれも30分程度

●お支払いは
ゆうちょ振込み/クレジットカード

下記より[お友だち追加]後
メッセージをお送りください

●電話相談をご希望の方も
ライン@またはメールにて
まずはご連絡ください。


ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さい

メール

ラインでのお問い合わせも
どうぞお気軽に



ブログの新着情報は
facebookページでも
お知らせしています
ぜひシェアください


⇒【全記事の一覧】はコチラから


コメントを残す

*