陰陽

「陰陽」は身近にも

私の知り合いの話なんですが、
その方は二人の受験生をお持ちで、

長男は高校受験、次男は中学受験
二人共まぁまぁ成績が良く、

特に次男は医学部志望で、
超難関中学を目指しているそうです。

そんな受験真っ只中の先日・・・
よしもと新喜劇を観に行ったそうです😆

同じ受験生を持つ、親御さん達から
「驚き呆れられた」と
おっしゃっていましたが・・・😅

陰陽を考えると、
私は「とても良い話ですね!」と、
すごく感動しました🤗

私は大阪生まれ大阪育ちなので
新喜劇には馴染みが深いのですが

本当~にバカな事をやってます🤣
情けないほどバカです😂

最近だったら「乳首ドリル」が人気で

普通なら受験生に見せたくない
NO.1ですよね

ですがこの世界、私たちの生きる天地は
「陰陽」という2つの働きで成り立ちます。

他にも、昼と夜、右と左、
挙げればキリがありませんが、

陰陽とは
相反するものではあるけれど
“2つで1つ”

互いが存在することで
成り立っているのです。

心だって、人生だって同じです。

緊張と緩和
活動と休止
剛さと柔さ

互いのバランスが取れてこそ
互いがより引き立つのです。

そして、
大きな緊張には
大きな緩和が必要

大きな活動には
大きな休止が必要

大笑いできるバカ家族は、
とんでもなく賢い家族なのです。

当たり前の話ですが、
新喜劇を勧めている訳では
ありませんからね😉www

真面目で実直なのは
もちろん良いことですが、

少し「陰陽」を意識して
心の幅を広げれば、

悩みだって、助走だと思えるかもしれませんね🙂
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

ブリッジ開運法

天地陰陽では、
男が「陽」
女が「陰」とされています。

そして私たちの体では、
背中が「陽」
お腹が「陰」とされています。

これは、四足歩行のなごりで、
太陽の当たる側が「陽」ということです。

よく中年のオジサンの背中に
「哀愁が漂う」なんて言いますが、
これは陽気が衰えているからです。

ojisan.jpg
男性はもともと「陽」ですから、
その衰えが、同じく「陽」である
背中から表れるのです。

ちなみに、オバサンの背中には
哀愁なんてないでしょ

女性はもともと陰なので、
陽気が衰えても、それが普通なのです。

さて、「陽」が衰えると、
太陽のような「活動」「活発」「旺盛」
そんなパワーも弱まります。

また、
陽は、形のない「気」
陰は、形のある「物質」
そして、私たちでは、
陽は「心」
陰は「肉体」とされます。

ですから陽が弱まると、「気」の部分
「やる気」とか「元気」とか「活気」
そんな気持ちが弱くなるのです。

そこで
元気を出したいという人は
ブリッジがおすすめです

bridge.jpg
ブリッジをすると筋力だけでなく、
背中がほぐれて気血の巡りもよくなり、
ぐんぐん陽気が巡ります。

私たちの心と体は、まずは「体」から
体の状態が心に表れるんですよ

「なんだか気力が出ない・・・
そんな人は、ぜひブリッジしてみてください
私も毎日やってますよ~
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

天地に生きる

陰陽五行説が体系化したのとほぼ同時期に成立した、
中国最古の医学書「黄帝内経-こうていだいけい-」には、
次のような記述があります。

「人間というものは、
天地の間に生命を受けているもので、
即ち天地の気が感じあって出来たものです。


天地の運行に逆らうことなく
四季の養生法にかないますと、


天地は父母のごとくその人を慈愛して、
百年の天寿を全うすることが出来るのです。」

私たちはロボットのように工場で生産されたものではなく、
天地の気をすみずみに受けて誕生した

“地球の子供”です。

そんな私たちの心と体を、
東洋医学では“小宇宙”と表現しています。

陰陽五行が教えることは、

なにも難しいことではなく
「当たり前の自然の摂理」です。

「太陽は東から昇り、西へと沈むんですよ」
と言っているだけですし、

天地の法則に適うというのも、
なにも難しいことではありません。

「日が沈んだら眠りましょう」
「日が高いうちは動きましょう」と言っているのです。

黄帝内経には、また次のようにも記されています。

「太古の人々は心身ともに
天地の運行にとけこんだ暮らしであったから、


その心は満たされ、真に素朴で、上も下もなく、
社会は円満におさまるものでありました。


賢い人も愚かな者も、
みな平等に人間としてのあるべき心得を全うでき、
心身も安泰であったのです。」

 

便利とはなにか・・豊かとはなにか・・・
なんだか考えさせられますね

<関連記事>
運は食から


 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

天地のルールと人のルール

この世界は「天地」と言われ、
目に見えない働き「天」と、
目に見える働き「地」とで成り立っています。

その天地に私たちが暮らし、
「天地人」の「三才」となるのです。

関連記事⇒「運を味方に出来ない人」
是非あわせてお読みください。

さて、私たちが暮らす社会は
「人のルール」で成り立っています。

それは法律だったり、社会常識だったり、
または周りの空気だったり・・

そういった「人のルール」は、
もちろん無くてはならないもので、
安心して暮らせるのもそのおかげです。

ですが、それに囚われすぎてもいけません。

「人のルール」は、まず「天地のルール」あってこそ
それを疎かにして健全に生きることは出来ないのです。

相談にいらっしゃる方をみていて、
「運が悪い」と言う人ほど、
人のルールにばかり振り回されています。

必死に「人のルール」を守っているけれど、
なんだか、真ん中がポッカリ抜けている・・

そのため、心の真ん中もスースーして
安心できないのです。

「人のルール」は変わるものです。

流行も同じです。

そういえば昔、中国の「痩せる石鹸」ってありましたが・・
あれ、どこにいったんでしょうね

飲尿健康法なんてのもありましたが
当時ブームに乗って実践していた人は
さぞかし後悔なさっているでしょう

「五行象 占いサロン」の占い教室では、
占い方だけではく、天地のルールについても
お話させていただいてます。

当たり前でとっても簡単なルール
ぜひ多くの方に知って頂ければと願っています


 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

「一陽来復」

12月22日は冬至でしたね
冬至とは、一年のうちでお昼が一番短く、
夜が一番長い日です。

8月7日の立秋の頃から、
どんどん日が短くなり、陰へと向かいます。

そして陰の極まる時が冬至なのです。

陰の極まった時ではありますが、
「陰極まれば陽に転ずる」と言われるように
かすかな「陽」が芽生える瞬間でもあります。

これを「一陽来復」といいます。

冬至を過ぎると、日に日に陽が増し、
天地の気は、上へ上へと昇っていくのです。

そしてこれは、私たちの心と体も同じです

立秋から、まるで太陽が沈むように
私たちの心と体は沈み込んで行きました。

そのため、ネガティブになったり、
やる気が起こらなかったり、
心と体が押しつぶされそうになった方もいたかと思います。

ですがもう大丈夫
どんどん陽の気が増し、
心も体も晴れ晴れとしてくるでしょう

「一陽来復」とは、
自然の現象だけではありません。

冬が去ればまた春が来るように、
「悪いことの後には、必ず良いことが来る」
そう教えてくれているのです。

【関連記事】
秋が立つ

—おまけ————————–
冬至が過ぎて、「なんだか気分が軽くなった」
そんな感覚はありませんか

「ない」という方は、
ちょっと注意かもしれませんよ

私たちはロボットではないのです

春になれば気持ちが上向き
夏には開放的になる
秋になると沈み込み
そして暗く寒い冬を過ごすのです。

そんな風に一年を通して波があるのが自然の姿

一年中“チクタクチクタク”と、
同じように過ごす方が不自然なのです。
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

あなたの周りのバイキンマン

先日、とっても嫌なお姑さんに
「さんざん意地悪されている」
という方が相談に来られました

身内が集まる食事会なのに
自分だけ席がなかったり、

息子(孫)に「本当のお母さんじゃない」と、
ありえない嘘を吹き込まれたり

まぁ~信じられないような話ばかりでしたが、
その方に限らず、
ご近所さんが…
会社の先輩が…
お姑さんが…

話を伺っていると
「本当にそんな人いるの?!」
というような悪役っぷりに
驚かされることも多くあります

さて、世の中には
悪いヤツはいます
それが世の中です。

この天地世界は、必ず陰陽という
相反する働きで成り立っています。

太陽と月、男と女・・
それに善と悪や、吉と凶
幸運と不運・・
どちらかに偏るなど
決してありえません。

そう考えれば、
あなたの周りの嫌~なヤツって、
あなたの凶運・不運を
一身に担ってくれる
悪役のスターかもしれませんよ

だって陰陽はシーソーです
悪役スターのおかげで
ヒーローがより輝くのです

アンパンマンにだって
バイキンマンがいる訳で

仮面ライダーにだって
ショッカーがいる訳でしょ

もしもアンパンマンが
一人で暴れていたら
逆に悪者だと思いませんか?・・

あなたの人生も
その悪役スターのおかげで、
他の部分がより良く見える

そう思えば、
嫌~なヤツにも感謝ですよね

だって、
誰だって悪役なんて嫌なのに・・
好き好んで引き受けてくれているのですから

そして、よぉ~く見渡してみてください
その悪役のおかげで
あなたが?本当に大切に思うもの”は
きっと守られているはずです。

さぁ
今年は、お歳暮の一つでも贈りましょうか
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

天地陰陽と男女の関係

天地陰陽では、
男性が「天」
女性が「地」とされています。

男性は支配する側
女性は支配される側です。

支配というと聞こえが悪いですが、
別にどちらに優劣があるわけでも、
どちらが偉い訳でもありません。

男女は平等ではありますが、
でも、働きは違うのです。

そして、男性の女性運は財気でみます。

女性はお金や物と同じく、
“自分が手に入れるもの”
“自分の大切なもの”

そして「俺のもの」
→だから
「俺が食べさせる」となるのです。

ですが、この関係が逆になっている
夫婦やカップルがあります。

これを男女逆剋といい、
女性が男性を支配する関係で、
相性としては一番悪い形です。

例えば、「誰と電話しているの」
「どこに行くの」「何してるの」など
夫の行動が異常に気になったり、

自分の価値観を押し付けたり、
指図したりするなど、
男性に対して支配的になります。

そして支配される男性の方も、
本来なら「俺のもの」
だから「俺が食べさせる」となるはずが、

相手がボスで主人ですから、
大切にもしませんし、
食べさせる気もないのです。

とはいえ、多くの場合は
家族の為に働くでしょうが、

それは「自分の家族を守ろう」という
男性的な支配欲ではなく、

まるで年貢を納めるような気持ちです。
ひどい場合だと、
搾取されているような気持ちかもしれませんね。

私が多くの相性相談で思うことは、
男女逆剋ほど、お互いがしんどい相性はありません。

支配してしまう方も、される方も、
本来の形ではないのですから、
満足はできないのです。

天地の理とは、本来のあるべき形です。

これから結婚をお考えの方は、
ぜひ天地に逆らうことなく、
よりよい相手と結ばれて下さいね。
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

大切にしてくれる男性

天地陰陽の法則では、
男性は陽
女性は陰とされています。

陽は太陽に象徴され
たくましく、剛健で

陰は月に象徴され
弱く、柔らかです。

さてさて、
【天地陰陽とセックスレス】でも書いていますが、

〝女性らしさ″とは、
ほどよく脂肪がついた、
丸く柔らかいカラダです。

女性らしいカラダは
心身の健やかさを表し、

そして心身が健やかな男性は、
本来そういう女性を好みます。

これが「天地の理」なのです。

それは自然の法則・・
私たち本来の純粋な感覚です。

みずみずしい野菜が
美味しくみえたり、
香ばしい匂いに
食欲をそそられる。

同じように、
丸く柔らかいカラダに
母性と癒しを感じ、
守りたくなる。

それが天地の理に適った
純粋な感覚なのです。

好みのタイプは
人それぞれでいいのですが、

でも、「天地の理」においては、
モデルのような細い女性がタイプという男性には、
あまり〝生活力”は期待できません。

たまたま職業によって、
経済力があったとしても、
夫・父親に向くタイプではありません。

逆に、プニプニしているほうが
〝抱き心地がいい”なんて言う男性は、

天地の理に適い、
心身が健全な男性です。

そういう男性こそ、
妻や子供を〝守り、食べさせていく”という、
本来の男性の働きをしてくれるのです。

あなたの彼や夫はどうですか
いま婚活をしている女性も、
ぜひ天地の理を知り、
大切にしてくれる男性を見つけたいですね
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

天地陰陽とセックスレス

セックスレスの相談も多くありますが、

今回は女性の立場から、
「天地陰陽」とセックスレスについて
お書きしたいと思います。

その前に「天地陰陽」については、
是非コチラもお読み下さいね
「天地陰陽のお話」

さて、セックスレスに悩む女性は、
たいていが細身で筋肉質な人が多いようで、

そうでない人でも
我が身が強かったり、陽が強かったりと、
本来の“女性の働き”が乱れています。

そしてこれは、心と身体の
「天地陰陽」が崩れているからなのです。

天地陰陽では、
男性は天=陽、能動的で積極的な働きで、
自律神経では交感神経です。

女性は地=陰、受動的で消極的な働きで、
自律神経では副交感神経です。

前回の天地陰陽と自律神経 でも書きましたが、

交感神経は
大昔なら狩りをする状態で、

逆に副交感神経は
狩りを終えリラックスしている状態です。

「男は敷居を跨げば、七人の敵あり」と
ことわざにもありますが、

男性は、交感神経を優位にさせ、
緊張し興奮し、時には怪我をして
狩りから戻ってくるのです。

そして副交感神経が優位な女性に癒される。
これが男女の天地陰陽のバランスなのです。

副交感神経が優位な陰タイプの女性は、
肌は白く柔らかで、スベスベしていています。
体も柔らかく、丸みを帯びています。

そして、男性が勃起するには、
副交感神経が働かないといけません。

もともと交感神経が優位な男性は、
女性の柔らかい身体にふれ、安心することで、

副交感神経が優位になり
“やる気”になるのです。

今は「女性の社会進出」などと言って、
男性と肩を並べて働く人が少なくありません。

ですがそうすると、女性も交感神経が優位な
臨戦状態になってしまいます。

血圧、心拍数が高く、
目力も強まり肩で息をします。

肌もキメが粗くカサカサで、
体も丸みを帯びていません。

そんな武士のような女性が相手では、
男性は“立たない”のです

そして「癒される」といっても、
これは性格はあまり関係ありません。

大切なのは、肌触り抱き心地です
肌はスベスベしてますか?
体は柔らかいですか?
ほどよく脂肪がついていますか?

もし今、セックスレスで悩んでいるのなら、
一度、ご自身の陰陽バランスを
考えてみてはいかがでしょうか
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

天地陰陽と自律神経

占いや漢方などの基となる東洋思想には、
「陰陽」という概念があります。

天地の森羅万象すべてのものは、
必ず、相反する2つの働きにより
成り立っているとされています。

「陽」は太陽に象徴され、
男性(男性的)、能動的・積極的
剛健・激しさなどを表し、

「陰」は月に象徴され、
女性(女性的)、受動的・消極的
柔和・穏やかさなどを表します。

天地陰陽については、
天地陰陽と「男と女」も是非ご覧くださいね

さて、陰陽は自律神経の働きでもあります。

「陽」は「交感神経」で、
これは活動の神経とされ、
日中に優位になります。

心身は緊張・興奮し、心拍数・血圧も上昇、
活発に活動させます。

大昔、狩りをするのが交感神経優位の状態で、
「闘争・逃走の神経」とも言われています。

「陰」は「副交感神経」で、
これは休息の神経とされ、
夜間に優位になります。

心身は緩み・沈静し、心拍数・血圧も下降、
ゆったりリラックスした状態です。

交感神経とは反対の働きで、
大昔、狩りを終えて食事をし、
のんびり休んでいた状態です。

ですから副交感神経が優位だと
胃腸の働きも活発になり、

反対に交感神経が優位だと
胃腸の働きは抑制されます。

そりゃそうです
狩りや戦いの最中に
のんびり用を足していたら
命を失いかねませんからね

そして、副交感神経が優位になると
痛みが増長します。

日中は平気なのに、
夜になると痛み出す・・
そんな経験ありませんか?

これも、狩りや戦いの最中は怪我をしやすく、
交感神経が優位になることで心身が緊張・興奮し、
痛みを感じにくくしているのです。

「痛い痛い」と騒いでる暇はありませんからね

そして、夜リラックスして
副交感神経が優位になると
血流が促進され痛みも増長するのです。

おかげで治癒もしやすいのです。

このように、私たちの心と体は
太古の昔より、太陽と月に表される昼と夜、
活動と休息、緊張と弛緩などの
「陰陽」2つのバランスを保ち生きてきたのです。

昼と夜
ですが、時代や社会が移り変わり、
ライフスタイルが変化していく中で、
心身の陰陽のバランスを
崩している方が多くいます。

東洋医学には、
「陰虚」と「陽虚」という証がありますが、

「陰虚」とは、
陰が虚しているという意味で、

心と体がずーっと真っ昼間、
戦闘状態といった状態です

反対に「陽虚」とは、
陽が虚しているという意味で、

心と体がずーっと夜のように
リラックス状態、ダラーっとした状態ですね

そうなれば、夜は眠ることが出来なかったり、
逆に日中は眠く、ヤル気がでなかったりと、
心と体の天地陰陽が乱れます。

現代の様々な心身の不調は、
この乱れが多く関係しているのです。

また、陰陽の法則では、
男性は陽・女性は陰です。

(※正確には男性は陽が強く
女性は陰が強いという
相対的な概念です。)

天地陰陽の乱れは、
男女の関係も乱します。

結婚できない女性は「陰虚」が多く、
仕事の出来ない男性は「陽虚」が多いようで、

また、相談にも多い“セックスレス”も
陰陽の乱れが大きく関係しているのです。

次回は、
「天地陰陽とセックスレス」
どうぞご覧ください
→「天地陰陽の整え方」も近日upします
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆