占い本当の話- 四柱推命の変通星「劫財-ごうざい-」1番のウソ

四柱推命の「劫財-ごうざい-」とは

「劫財」といえば
「財を奪い取る、財を脅かす」などとされ、
凶星の代表のように言われています。

特に女性は「奪い取る」ことから、
不倫の相とも言われ、

「劫財女」は、
要注意人物ナンバー1
とも言われています💦

「私も劫財だわ・・・」と、
ガックリ来ている方も
多いんじゃないでしょうか?

さて、そんな劫財の解釈ですが、
ハッキリ言って大間違い!

他の星もそうですが、
その「意味」を理解せず、

星の働き丸覚えの
コピペ占い師が多すぎるのです。

劫財って何?

「劫財」というのは、
10個ある変通星(通変星)の一つで、
日干と陰陽が逆になるものを言います。

例えば日干が「甲」とします。
命式中に「乙」があれば
それが劫財です。

まず、この「陰陽が逆」
そして「裏」というのが
勘違いポイントの原因なのです。

「劫財」は「裏の顔」ということから、

・本来なら抑えるべき欲望が表面化する
・人のものを欲しがる
・裏表がありすぎる・・
・外面が良すぎる
・お金に対して強欲だ

などなど・・
さんざんな言われようですが😓

「裏の顔」と聞いて、
悪いことばかり出てくるのは、

よっぽど世間の占い師というのは、
性格がひねくれているんでしょうかね~。

「裏の顔」があるのは
悪いことなんですか?

劫財の人の性格

私の経験から絶対に言えることは、
「劫財」の人は、とっても良い人です。

変通星の中でも、
「一番良い人なんじゃないか」
と感じています。

というのも「劫財」は
とても深く静かな優しさ
持っているのです。

「裏」ということから、
劫財の人は、
表面だけで人を判断しません。

笑顔の裏にある悲しみを見抜いたり・・
攻撃の裏にある寂しさを見抜いたり・・
心の奥の気持ちを感じられるのです。

そして、相手がどんな権力者でも
お金持ちでも、貧乏人でも、

表だけをみて判断しませんので、
媚へつらったり威張ったりせず、
平等に接します。

ですから、「劫財」の人というのは、
子供や犬など、純真な相手にほど
好かれる傾向もあります。

そして「深く静かな優しさ」というのも、
あえて言わない、目立たない、気づかれない、
そんな形で相手を思いやります。

「陰徳」を積む人なのです。

例えば、
大勢の前で失敗した人に対し、

「大丈夫だよ!」と励ます人は
普通に良い人ですが

劫財の人は、
そんなストレートには励ましません。

わざと見てなかったフリをしたり、
相手によっては、
わざと「けなして」笑いに変えます。

ね?めっちゃ良い人でしょ?

劫財の注意点

そんな、劫財ですが
一つ注意点があります。

それは、「深く静かな優しさ」を
理解してくれる人と付き合うという事です。

はっきり言えば、
薄っぺらい人とは付き合わない

悪人とは付き合わない
ということです。

でないと「劫財」は
精神を病んでしまうのです。

先ほどの話で言えば、

失敗した人を笑ったり、
皆が心配してるのに知らん顔だったり・・

そんな優しさも、
理解できない人からは、
ただの「嫌なヤツ」だと
勘違いされます。

って・・・
世間で言われている「劫財」って、
まさしくこれじゃないですか❓

やっぱり!理解できない人が
劫財をディスってるんですね💦
無視しましょう~😜

さて、どうですか❓

あなたの周りは、
「劫財」のもつ
深く静かな優しさを
理解してくれてますか?

今日からは堂々と胸を張って
「劫財」を生きましょうね~✨

↓関連記事
「五行象®」は独自の占い

コメントを残す

*