四柱推命「食神・傷官」のウソー「食神・傷官」の本当の性格

以前、四柱推命の「劫財」について書いたところ
大変反響を頂きましたので、

⇒四柱推命「劫財-ごうざい-」の本当の性格は?

今回は「食傷-しょくしょう-」と言われる
「食神-しょくじん-」と
「傷官ーしょうかんー」について
解釈の間違いを書きたいと思います。

まず「食傷」とは?

五行には
「木火土金水木火土金水・・・」と
順に巡る働きがあり、
それを相生といいます。

 

そして「食傷」とは、
日干が「木」なら「火」
日干が「火」なら「土」
といったように、

日干が生む五行のことで

 

●日干と陰陽が同じなら「食神」

 

●日干と陰陽が反対なら「傷官」となり

合わせて「食傷」と呼ばれています。

四柱推命の「食神-しょくじん-」について

「食神」といえば「食の神」と解釈され、
「一生食いっぱぐれがない」
「衣食住に困らない」などなど

四柱推命きっての吉星とされています。

ですが・・本当なんでしょうかね?

だって、もしこれが本当なら、
誰だって「食神」を持って生まれたい訳で

まるで親が長者なら子も長者といった
生まれ第一の身分制度が
運勢にまであったら
たまったもんじゃありません😓

「食神」は、決して吉星でも
もちろん凶星でもありませんし、

衣食住を表す星でもないのです。

四柱推命の「傷官-しょうかん-」について

「傷」という字から
傷つきやすいく繊細でデリケート

また「傷」という字から
相手をも傷つけるとされています。

特に女性は「傷官美人」と言われ
性格がキツく冷たいけど美人

「官」を傷つけることから
「官」=夫を傷つける・・
ゆえに結婚運は良くないと言われます。

「傷」ということから、
事故や怪我にも遭いやすいそうで

「食神」とは逆に
凶星の代表と言われています。

ですが・・これも本当なんですかね?

同じ日干が生じる五行なのに
陰陽が逆になるだけで
これほど吉凶が違うのでしょうか・・

「傷官」も凶星でなければ
もちろん吉星でもないのです。

そもそも「食傷」ってなに?

先ほどの図のように、
「食傷」というのは、
日干が生む五行です。

日干=自分自身が生むのですから
自身の願望や欲求、想いなどが
ストレートに出る働きなのです。

ですので「食傷」は、良くも悪くも
自分の気持ちに正直です。

「食神」の
「一生食いっぱぐれがない」というのも
食うに困るような道を選ばないからで、

「衣食住に困らない」というのも、
まずは自分の身を守ることを、
第一に優先するからです。

ですから、例えば自身の欲求が、
「食べる事より絵を描くこと」なら
ロクに食事も取らず、無心に描くでしょう。

「傷官」にしても
「傷」という字の連想ゲームではありません。

「食神」や「傷官」という
星があるのではなく、

日干が生むという働きを
「食神」や「傷官」と名付けたのです。

「食傷」は
自分の欲求などが出るのですから、

その欲求しだいでは
享楽的にも怠惰的にも・・
努力家にも一流にも人気者にも・・
そして、嫌われ者にもなります。

世間で言われる「食傷」の性格は
ほとんどが間違いと思っていいでしょう。

「食神」と「傷官」に違いはない

詳しく言うともっと複雑ですが
簡単にいうと、日干が生じる「食傷」は
そのバランスで吉凶があらわれます、

日干と食傷のバランスが良好

この場合は、
欲求や願望も適度にあらわれ
好きに楽しく生きるでしょう。

世間で言われる「食神」の吉作用は
これを言っているのではないかと思います。

日干が強いのに、食傷が弱い

この場合は、
まるで生クリームをギューっと絞るように
想いや欲求、願望が思うように出せず
欲求不満がつのったり
思うようにならない(と感じる)傾向が強まります。

日干が弱いのに、食傷が強い

この場合は、
ワーッと気が吹き出ているイメージで
自分で止めることが難しくなります。

自己顕示欲や焦燥感が強かったり、
注意散漫によるトラブルも多くなります。

世間で言われる「傷官」の凶作用は
これを言っているのではないかと思います。

「食神」と「傷官」に違いがあるのではなく
日干とのバランスの問題なのです。

たぶん長い年月をかけて
四柱推命が伝わっていくなか
どこかでおかしくなったんでしょうね💦

ちなみに「傷官」の
事故や病気、怪我というのも
「傷」の字は全く関係ありません。

これは日干が弱く、食傷が強い場合
「食神」でも同じことが言えるのです。

さて、このように「食傷」の性格や
「食神」と「傷官」の違いなど、

世間で言われているものは、
残念ながらほとんどが間違いです。

夫を倒すとか、食の神がついてるとか、
怪我に遭うとか、神経を病むとか・・
間違った解釈のせいで一喜一憂せず

そして、占い師の人には
「本当」を学んでほしいと願います。

人の人生を変えかねないんですからね💦

「食傷」は、算命学の十大主星では「鳳閣・調舒」

四柱推命の変通星「食神」は
算命学の十大主星では「鳳閣」
そして「傷官」は「調舒」です。

東洋占術では、すべて「干支」を元に
様々な「星」を出しますので
名前は違えど、同じことです。

なので・・・
「鳳閣」に言われる
食禄の星や長寿の星

「調舒」に言われる
孤独の星や頭脳明晰などなども

全く違うのです💦

ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さい

メール

ラインでのお問い合わせも
どうぞお気軽に



ブログの新着情報は
facebookページでも
お知らせしています
ぜひシェアください

⇒【全記事の一覧】はコチラから

コメント

コメントを残す

*