占いのホント「占いで寿命なんてわからない」-大阪 占いサロン

先日 相談にいらした方が
「ほかの占いで、主人が短命だと言われた」
とおっしゃいました。

よくある話ですが、本当~に世間の占い師は
「一体何を勉強してきたんだ」と怒り心頭です

いつも言う事ですが
占いで寿命なんて分かりません。

なぜなら、時代によって
医療も科学も技術も変わるからです。

江戸時代、ころりと死んでしまうことから、
「コロリ」と恐れられた「コレラ」だって、
今の日本では容易に治ります。

「労咳」と呼ばれた「結核」
「江戸わずらい」と呼ばれた「脚気」

昔は、短命の運勢の人ばかりが
生まれていたんでしょうかね?

他にも、「子供が交通事故にあう」
そう言われた方もいました。

「交通事故にあう」なんて・・
じゃぁ、江戸時代なら
馬にでも蹴られるのか

そんな、生まれた時代や国によるものは、
決して個人の運勢からは分からないのです。

ただ、いくつかはっきり分かることもあります。

例えば病気について、
生まれ持った五行バランスで、

もともと弱いところや乱れやすいところ、
それらから、気を付けるべき病気などが分かります。

東洋医学でいう体質でも、
実証タイプは、普段はモリモリ元気だけど、
やったら「大病」になるタイプ

虚証タイプは、普段から虚弱で病気ばかりだけど、
大病には至らず、ずーっと低空飛行

ですから「大病タイプ」は、
あまり健康を過信しないで下さい・・
という事だけは言えるのです。

また、自殺しやすいタイプもあります。

変な先入観を持たれてはいけないので、
ここでは詳しく書きませんが、

心理学でタナトスと呼ばれる「死への衝動」や、
「終わる・終える」働きが強いタイプはあります。

とはいえ、それも男女ともに更年期だとか、
産後うつだとか、他にも外因が影響しますから、
決して「いつ自殺するか」などは分からないのです。

私の所へ相談に来て、
「なんだ安心しました」という声も多くあります。

間違った占いのせいで、
無駄に不安にならないで下さいね

そして、もし気になる事がある方は、
ぜひ一度ご相談ください。

ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さい

メール

ラインでのお問い合わせも
どうぞお気軽に



ブログの新着情報は
facebookページでも
お知らせしています
ぜひシェアください

⇒【全記事の一覧】はコチラから

コメントを残す

*