子育て

「陰陽」は身近にも

私の知り合いの話なんですが、
その方は二人の受験生をお持ちで、

長男は高校受験、次男は中学受験
二人共まぁまぁ成績が良く、

特に次男は医学部志望で、
超難関中学を目指しているそうです。

そんな受験真っ只中の先日・・・
よしもと新喜劇を観に行ったそうです😆

同じ受験生を持つ、ほかの親御さん達から
「驚き呆れられた」と
おっしゃっていましたが・・・😅

陰陽を考えると、
私は「とても良い話ですね!」と、
すごく感動しました🤗

私は大阪生まれ大阪育ちなので
新喜劇には馴染みが深いのですが

本当~にバカな事をやってます🤣
情けないほどバカです😂

最近だったら「乳首ドリル」が人気で

普通なら受験生に見せたくない
NO.1ですよね

ですがこの世界、私たちの生きる天地は
「陰陽」という2つの働きで成り立ちます。

他にも、昼と夜、右と左、
挙げればキリがありませんが、

陰陽とは
相反するものではあるけれど
“2つで1つ”

互いが存在することで
成り立っているのです。

心だって、人生だって同じです。

緊張と緩和
活動と休止
剛さと柔さ

互いのバランスが取れてこそ
互いがより引き立つのです。

そして、
大きな緊張には
大きな緩和が必要

大きな活動には
大きな休止が必要

大笑いできるバカ家族は、
とんでもなく賢い家族なのです。

当たり前の話ですが、
新喜劇を勧めている訳では
ありませんからね😉www

真面目で実直なのは
もちろん良いことですが、

少し「陰陽」を意識して
考え方の幅を広げれば、

心だって人生だって、
もっと豊かになるのではないでしょうか🙂

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最後に愛は勝つ~♪

「最後に愛は勝つ~」で、
懐かしいと思った人
けっこう年いってますね

さてさて、
先日、占い教室の生徒さんから、
「犯罪者は占いで分かりますか?
五行バランスに、特徴はありますか?」
と、質問をうけました。

結論から言えば・・・
答えはNOです、わかりません。

ただ「吉凶が極端すぎる」・・・
例えば
「お金に執着しすぎる」
「自分を追い込みすぎる」などなど、

1つ間違えば、
「犯罪を犯しかねない」
というのは分かります。

お子さんの運勢でも、
1つ間違えば
「めちゃくちゃグレるかも」
という場合があります。

では、
その“1つ間違う”とは、
どこで間違うのでしょうか?

それは、「親」です。

生まれ持った五行には、
まず吉も凶もありません。

心と体は、全て表裏一体。

五行それぞれの特徴が、
吉となるか、凶となるかは、
育った環境が、大きく影響するのです。

犯罪を犯した人の五行バランスや、
その生い立ちなど、
これまで色々と調べて来ましたが、

一様に言えるのは
「親の愛を知らなかった」という事でした。

世間では子育てについて
色んなメソッドがありますが、

これが良いとか、悪いとか・・
結局のところ、何が正解かなんて、
結果が出ないと分かりませんよね

どう育てるかは、
親それぞれの価値観で
いいんじゃないでしょうか

ただ、そこに「愛」があれば、
決して“1つ間違う”事はないでしょう

男女だってそうです。

それぞれ条件や好みなどありますし、
「こんな人なら幸せになれる!」なんて、
そんな“幸せメソッド”はありません。

不満があったり、すれ違ったりしても、
やっぱり
“最後に愛は勝つ~”です

寒~い日が続いていますが、
皆さんもぜひ“愛”をもって、
心をホカホカしてみてはいかがですか
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

残念な長男にしない為に・・

生まれ持った五行バランスでは、
長男に生まれたか、
次男に生まれたか、
また育った環境なども、
だいたい知ることができます。

中でも剋気-こくき-は、
我慢強さや辛抱を表し、

また、置かれている環境に順応する
という働きがあります。

長男はだいたい親の定位に、
この剋気を持っています。

例えば身近なことで言うと、
長男は栄養などを考え、
あまりお菓子を食べさせてもらえなかったけど、
次男以下は自由だったとか、

長男は目が悪くなるからと、
あまりゲームをさせてもらえなかったけど、
次男以下は自由だったとか、

何時にお風呂といった決まりや、
お箸の持ち方、言葉使いなどなど、

子供を想ってのことですが、
長男は色々な制限の中で育つのです。

これが剋気の働きです。

ですから剋気を持つ長男は、
従順で辛抱強い人なのです。

ちなみに私は昔から長男の人が好きです
うちの主人も長男ですしね

そして従順や辛抱強さは、
会社員や公務員など組織の中で力を発揮し、

ゆえに剋気は“立身出世運”とも言われているのです。

たまに長男がニートで・・・
といった相談がありますが、

はた目には「辛抱や努力」とはかけ離れた
残念な長男も、

やっぱり五行をみれば
剋気が強いです。

では、その辛抱強い剋気が
“なぜ努力に繋がらなかったのか”というと、

たいていの場合は、
親が口を出しすぎたせいです。

あれもだめ、これもだめといった環境の中で、
剋気は“余計なことをしない”
というように順応したのです。

他にも残念な長男になる原因に、
親の都合に従順だったというのがあります。

例えば親の仕事が忙しく、
ただただ振り回されていたり、

親を喜ばす為だけに努力をしていたり、
最悪なのは親に問題があって、
ただただ“我慢の子”で育った場合です。

剋気は長男にとっての“枠”です。
本人に合った大きさで・・・成長にも合わせて・・・

そして一番には「愛」です

親の都合のための“枠”ではなく、
子供の将来を想っての
“枠”にしたいですね

でないと剋気は本人にとっての手枷足枷となって、
苦労をもたらすものになるのです。

※剋気については、
少し働きは異なりますが長女も同じです。
また、剋気の強い両親から生まれた子供は、
長男長女でも剋気が弱い人がほとんどです。
これには理由がありますが、それはまたいずれ...
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

4つのタイプと子供の適職

夏休みもあと2週間ほどで終わります。

子供は暑いし寄るとケンカをするし
世間のママさん達も「やれやれ」といったところでしょうか?

子育てというのは、どうしても目の前のことに追われ、
“日々を過ごすので精一杯”になりがちですよね。

ですがせっかくのオリンピックイヤー
ちょっと一息入れて、子供の将来を考えてみませんか

今日は4つのタイプ別に、
子供の方向性についてお話したいと思います。


相談にいらした方に、
「この子はお勉強よりも、
スポーツに力を入れてあげるほうがいいですよ」
とアドバイスをすると、

たいていの親御さんは
「でもスポーツでって・・・
よっぽどじゃないと食べていけないでしょ?」
とおっしゃります。

ですが、子供の五行バランスによっては、
じゃあ、勉強を頑張って・・・

それなりの大学を卒業して・・・
「で、この子は何をするんですか?」という場合があります。

下図をご覧下さい。
五行でみると、人の適職には大きく4つのタイプがあります。

4type.gif
我が身から時計回りに、
・スポーツタイプ
・商売人タイプ
・公務員タイプ
・学者タイプ…です。

下半分(オレンジ色)の、公務員タイプと商売人タイプは、
実社会での適応性や生活力をあらわします。

反対に上半分(ミドリ色)の、学者タイプとスポーツタイプは、
自身の才能や技術、学術など特定の分野での適性をあらわします。

また、右半分(黄色)の、スポーツタイプと商売人タイプは、
アウトプットで、
じっくり考えたり、じっと座って
何かをすることには不向きです。

反対に左半分(ピンク色)の、公務員タイプと学者タイプは、
インプットで、
人や社会の動きに機敏に反応したり、
グイグイ攻めることは不向きです。

ですから、いくら「勉強・安定・普通」と願っても、
例えばスポーツタイプが強ければ、
公務員・会社員には決して向きません。

それならば、将来のアウトプットに繋がるものを、
習得させてあげるべきなのです。

残念ながら、親の価値観が
そのまま子供に適するとは限りません。

「お勉強・お勉強」と厳しくするのもそうですし、
反対に「伸び伸びと、好きな道を行ってほしい」と願っても、

タイプによっては、厳しすぎるぐらい
勉強をさせたほうが良い場合もあるのです。

“適職”というと
「合う仕事を見つけるんじゃなく、仕事に合わすんだ」
という方がいますが、
もちろんその通りではあります。

ただそれは、公務員タイプならその中での話で、
“組織に属す”という基本があっての、
努力や我慢なのです。

私はよく、違うタイプのことを
「シマウマにライオンの捕まえ方を教えているようなもの」と言います。

どれほどオカシイ事かわかりますでしょ
それなら「早く逃げる方法」を教えてあげるべきですよね

世の中、好きな事をして食べていける人は一握り・・・なんて言われますが、
それは五行と環境、親の想いがピッタリ合っていないからだと思います。

それが少しでも分かるのなら・・・
五行バランスを考えてみるのもいいと思いませんか
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

「男性と女性の違い」 ・・・子育て、子供との関係

先日、広島県の湯崎知事が
育児休暇を取ったと
話題になっていましたね。

大阪でも箕面市の倉田市長が
育児休暇を取るそうで、
賛否両論それぞれでしょうが

世間では男性の「育児休暇」について
随分と関心が高まっているようです。

時代が変われば、
価値観や常識も変わるでしょうから

男性も女性も
「共に力を合わせて子育てをしよう」
というのはいいかもしれません。

ですが五行象では、
男性と女性とでは働きが異なり、
子供運も違います。

goki-child.jpg
図のように、女性にとって“子供”は
我が身から出す
“漏気”にあたります。

母親にとって子供
は“腹を痛めて産んだ”の通り、

本当に我が身から
産み出した存在なんです。

いっぽう男性の場合
“子供”は剋気になります。

剋気とはそのほか仕事や責任感、
自己犠牲などを表しますので、
父親にとって子供というのは
身を犠牲にし、責任をもつ存在なのです。

本当ならば、父親が母親と同じように
子供に接するのは好ましくありません。

互いの違いを合わせてこそ、
バランスの良い子育てになるのです。

父親・母親・子供・・・この関係は、
もちろん時代と共に変化するでしょう。

ですが枝葉ではなく
根っこの部分には、

私たち人間が何千年、
何万年と過ごしてきた
変わらぬものがあるのも事実です。

そうして命を繋いできたんですからね。
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大阪の占い相談、悩み相談なら
 【五行象 占いサロン】
      by祐気堂-ゆうきどう-
              ⇒サイトtopへ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆