占い 恋愛・結婚運-「配偶者の定位」を知る

五行象には「配偶者の定位」というものがあります。

「配偶者の定位」とは
異性の金型のようなもので、

例えば「配偶者の定位」が“木”なら、
容姿・性格・体質などなど
“木”の作用が強い相手を選びます。

ほか「火・土・金・水」も同じです。

世間ではよく、
男運(女運)が良い悪い
結婚運が良い悪い
といった事が言われますが、

人それぞれの原因は
あくまでも枝葉です。

「配偶者の定位」の状態がどうかで、
その人が好む「容姿」や「性格」、
一般に言われる“好きなタイプ”

尽くすか尽くされるか、
自由を好むか束縛するか、、など

どんな恋愛や結婚を好み、
どんな関係を保ちたいのかも分かります。

相性もこういったところから
判断するんですよ

恋愛や結婚は、どんなに経験を重ねても、
どんなに頭で考えても、
根底には必ず「配偶者の定位」があります。

「こんな人なら幸せかも」
「次はこんな人がいいのかも」と思ったって、
やっぱり金型にピタッとはまる相手に
引き寄せられてしまう
のです。

そして我が身にとって
「配偶者の定位」が吉作用であれば、
ほうっておいても良い恋愛・結婚となり、

我が身にとって
「配偶者の定位」が凶作用であれば、

いわゆる「恋愛運・結婚運が悪い」
というような結果となります。

「どうしてこんな男ばっかり・・・」と
悩む女性も多いかと思いますが、

一番の原因は、生まれ持った
「配偶者の定位」なんです。

家庭環境が悪かった、親が離婚している、
といった事もよく言われますが、
それは後天的な要因の一つにすぎません。

周りをどうこう思うより、
まずは自分自身の「配偶者の定位」が
どんな状態なのかを知る事が大切ですね。

⇒五行を出す