四柱推命「劫財-帝旺」ってなに?性格など本当の意味とは?

四柱推命には

変通星や通変と呼ばれる星があり
「劫財」はその一つです。

加えて
十二補星や補運と言われる星があり
「帝旺」はその一つです。

この2つが合わさった
「劫財-帝旺」については
ネットでも多く検索され

「私は劫財-帝旺だから・・」
「劫財-帝旺と言われた・・」など

どちらかと言うと
ネガティブなイメージがある
組み合わせのようですが…

さて、この「劫財-帝旺」とは
そもそも何なのでしょう。
そんなに悪いものなのか?

ここでは「劫財-帝旺」の
本当の意味を伝えたいと思います。

「劫財」については
↓コチラの記事をお読み下さい。
⇒四柱推命「劫財-ごうざい-」1番のウソ-「劫財」の本当の性格は?

十二補星や補運とは我が身の状態を表す

※我が身とは日干・日主とも呼びます。

十二補星(補運)とは
長生~養まで12個あり
人の一生になぞらえています。

長生(ちょうせい)
沐浴(もくよく)
冠帯(かんたい)
建禄(けんろく)
帝旺(ていおう)
衰(すい)
病(びょう)
死(し)
墓(ぼ)
絶(ぜつ)
胎(たい)
養(よう)

そしてそれぞれに意味があり
例えば
「胎」なら胎児とされ
これから育っていくことから
可能性が広がっているとか

「養」なら養うの意味から
誰かに助けられるとか
引き立て運があるとか

「帝旺」なら王様とされ
カリスマ性があるとか
男の星なので女性は凶とか

まぁ、様々なことが言われていますが
「これらは全くの間違い」です。

十二補星(補運)とは
すご~く簡単に言えば

我が身が置かれている
季節や時間の影響です。

下図(※注)にあるように
我が身と十二支が交わるところが
十二補星(補運)となります。

十二支というのは
月(季節)や時間を表しており

我が身が丁(陰火)だとしましょう
五行の「火」というのは
季節では夏
時では昼を表します。

その「火」の人が、
実際に生まれた季節も夏(巳か午)なら
それは勢いがある
と言うことです。

例えるなら
火=夏に咲く花が
実際にいる場所も夏
それは元気いっぱい咲くでしょう。

ですが
火=夏に咲く花が
実際にいる場所が冬(亥・子)だと
元気いっぱいに咲けますか?

十二補星(補運)というのは
本来これを言いたかったのです。

我が身が「金(庚・辛)」なら
それは秋や夕方です。

でも生まれ月が真夏だと
暑さでしおれてしまいます。

朝に咲く朝顔
夜に咲く月見草

そんな我が身という花と
実際の時間や季節

それを胎~絶という言葉で表したもの
それが十二補星(補運)なのです。

「劫財-帝旺」とは?どう生きればいい?

「劫財」とは
我が身と陰陽が逆

「帝旺」とは
我が身の五行が
それに合う季節や時間に生まれました。

そんな「劫財-帝旺」の組み合わせは
たしかに強くて勢いがある状態
ですが、

だからなんなんだ
という話です。

花が咲く前には
しっかり肥料を与えるように

運動をして体力をつけ
しっかり食べて栄養を養う

そうして勢いに負けない
心身を作れば最強
という訳なのです。

決して偉大な経営者でも
傲慢でも、自信家でも
男運が悪いわけでも…

世間で言われる「劫財-帝旺」は
あまり参考にしないほうが良いですね。


(注)
十二補運の算出については
我が身の陰陽の違いで
十二支の進みが逆になる
「陽順陰逆説」もあります。

ですが、子→牛→寅→卯・・・の進みは
月や時間の進みを表すものです。

昼の次に朝が来たり
春の次に冬が来るのは
全くおかしな話です。

ご相談のお申込み&質問など
なんでも気軽にお問い合わせ下さい

メール

ラインでのお問い合わせも
どうぞお気軽に


⇒【全記事の一覧】はコチラから

コメント

コメントを残す

*